空き家に関する補助金:信越・長野県・茅野市

茅野市の空き家に関する補助金制度

茅野市空き家住宅改修事業

空き家住宅の改修を支援することにより、人口増加及び地域の活性化を図るため、空き家住宅を改修する者が市内の施工業者を利用して行う住宅改修工事に補助金を交付するもので、以下の2つの対象事業があります。

1)おかえりなさい空き家住宅改修事業とは

自己等が所有(1年以上居住者のいない空き家住宅で、空き家になる以前から補助対象者又は補助対象者の配偶者若しくは3親等内の親族が所有していた空き家住宅)し、5年以上居住する見込みのある者が制度を活用できます。

2)ようこそ空き家住宅改修事業とは

田舎暮らし楽園信州ちの「楽ちの空き家バンク」に登録された空き家住宅であり、売買契約又は賃貸借契約等が締結されていることが条件で、その空き家住宅に5年以上居住する見込みの者がいる場合に制度を活用できます。(建設業、宅地建物取引業の者は除きます。)

空き家住宅改修事業について

区分 おかえりなさい住宅改修事業
(自己等が所有する空き家住宅)
ようこそ空き家住宅改修事業(楽ちの空き家バンクに登録された空き家住宅)
補助対象者 次の各号の全てに該当する者

(1) 市町村税滞納者(国民健康保険税を含む。)でないこと。

(2) 事業完了後30日以内に補助対象住宅の所在地に住民登録を行う者又は交付申請をする時点において補助対象住宅の所在地に住民登録を行ってから3カ月以内の者

(3) 5年以上当該補助対象住宅に居住する見込みのある者

補助対象住宅を所有し、補助対象居住者に賃貸借契約により賃貸することが決定した者(以下「賃貸人」という。)又は補助対象住宅を取得し、補助対象居住者として補助対象住宅で居住しようとする者(以下「取得者」という。)、若しくは賃貸借契約により補助対象住宅を賃借し、補助対象居住者として補助対象住宅で居住しようとする者(以下「賃借人」という。)であって、賃貸人にあっては次の各号の全てに、取得者及び賃借人にあっては、第1号及び第2号に該当するもの

(1) 市町村税滞納者(国民健康保険税を含む。)でないこと。

(2) 空き家住宅の所有者等であることを書面で明らかにできる者

補助対象住宅 1年以上居住者のいない市内の空き家住宅であって、空き家になる以前から補助対象者又は補助対象者の配偶者若しくは3親等内の親族が所有していた空き家住宅 楽ちの空き家バンクに登録された市内の空き家住宅
補助対象居住者 補助対象者と同じ。 次の各号の全てに該当する者

(1) 事業完了後30日以内に補助対象住宅の所在地に住民登録を行う者又は第7条の交付申請をする時点において補助対象住宅の所在地に住民登録を行ってから3カ月以内の者

補助対象工事
主な工事の範囲
(1)住宅の耐久性を高める工事
(2)住宅の一部改築および増築のための工事(増築面積は10平方メートル以内であること)
(3)住宅の安全上または防災上必要な工事
(4)住宅の居住性を良好にするための工事
(5)住宅の衛生上必要な工事

補助金の額等

補助対象工事費(消費税込み) 補助金
50万円以上 25万円

詳しくは、茅野市役所 都市建設部 都市計画課 住宅係 にお問い合わせください。

 

茅野市の空き家に関する制度

楽園信州ちの空き家バンク

『楽園信州ちの空き家バンク』は茅野市への移住促進を目的とする団体、『楽園信州ちの協議会』が運営する空き家バンクです。物件の掲載は『田舎暮らし楽園信州ちの協議会』の会員である『茅野・原宅地建物取引業協会会員』が行っています。

空き家バンクとは詳しくは、信州 田舎暮らし 楽園信州ちの事務局 にお問い合わせください。

 

出典:茅野市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ