空き家に関する補助金:沖縄・沖縄県・糸満市

糸満市の空き家に関する補助金制度

糸満市住宅リフォーム支援事業

糸満市では、住宅の質の向上および空き家の有効活用を図るため、自己の居住する住宅リフォーム工事の費用の一部を補助します。

(1)応募開始

平成29年7月から先着受付順にて随時募集
(※ただし、予算がなくなり次第、受け付けを終了します。)
 (※市発行の広報には7月に掲載する予定ですので、受付開始は広報が住民の方々に配布が完了する予定の7月10日(月)より受け付けを開始します。

(2)補助対象者

  • 糸満市に住民登録されており、現に居住している人
  • 工事を完了した対象住居に居住する予定の人
  • 市税などを滞納していない人

(3)対象住宅

 糸満市内にある住宅で以下のもの

  • 自己所有住宅(建築後、1年以上経過)
  • 自己所有空き家(居住する者がいない状態が1年以上経過)
  • 借家、借家の空き家または共同住宅(ただし、所有者の許可が必要)

(4)対象工事

  • 住宅に係るバリアフリー改修工事や省エネ改修工事、空き家の改修工事、住宅の耐久性等を向上させる改修工事であること
  • 総工事費20万円以上のもの(消費税および地方消費税の額を含む)
  • 平成30年2月28日までに工事完了および実績報告ができること
    (期限内に実績報告を行わないと、補助金を交付することができません。)

(5)施工業者

  • 市内に本社、支店等がある法人又は市内事務所を有し、本市に住民登録している個人事業者

(6)補助金の額

  • バリアフリーに該当する改修工事は対象工事費の40%(ただし、補助限度額20万円)
  • 省エネ、空き家、住宅の耐久性等の向上に該当する改修工事は対象工事費の20%(ただし、補助限度額20万円)

詳しくは、糸満市役所 建設課 市営住宅係 にお問い合わせください。

 

糸満市の空き家に関する制度

現在、糸満市の空き家に関する制度は、確認されていません。

 

出典:糸満市ホームページより

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ