空き家に関する補助金:九州・佐賀県・武雄市

武雄市の空き家に関する補助金制度

定住支援金・定住特区補助金

武雄市では、市外から転入し、住宅を新築または中古住宅・空き家の購入、空き家の賃借(賃借は定住特区補助金のみ対象)して

定住される方に対し、補助金を交付します。

平成30年4月から定住支援金を新設し、定住特区補助金対象地区以外にも補助金を交付いたします。

これまでの定住特区補助金についても要件を一部緩和しております。

◇定住支援金の内容

  • 「定住支援金」

◇定住特区補助金制度の内容

「定住奨励金」をベースに下記の条件により項目の加算で算出いたします

  • 「子育て支援加算金(中学生以下の子)」
  • 「住宅新築補助金」
  • 「空き家改修補助金」
  • 「土地購入補助金」
  • 「新婚世帯加算金」

詳しくは、武雄市役所 武雄市まちづくり部 住まい支援課 にお問い合わせください。

 

家財撤去補助金制度

武雄市は①空き家バンクに登録していただいている物件 で

    ②入居者が決定し、売買・賃貸契約を交わしている場合に、家財撤去費用を補助する

制度(限度額10万円)を実施しています。

 *   *   *   *   *   *   *   *

対  象:空き家バンクに物件を登録している家主の方

対象物件:平成27年4月1日から平成31年3月31日の間の売買・賃貸契約

     ※売買・賃貸契約した日から30日以内に申請をお願いします。

詳しくは、武雄市役所 お住もう課 にお問い合わせください。

 

武雄市危険空き家除却事業費補助金

将来的に周辺の防災、衛生、景観等の居住環境に影響を及ぼすおそれのある危険な空き家について、所有者等による適正な管理を推進し、良好な居住関係の確保に資するため、空き家を除却する所有者等に対し、予算の範囲内で一定の条件下において除却工事費用の一部を補助します。

補助対象空き家

武雄市内に存在する昭和56年5月31日以前に建築され、居住の用に供されていた木造建築物の空き家。

条件
  1. 1年以上の居住、その他の使用がないこと
  2. 併用住宅にあっては、住宅部分の床面積が延床面積の2分の1以上であること
  3. 公共事業等の補償の対象となっていないこと
  4. 武雄市が交付する住宅性能の維持向上を目的とする補助金を受けていないこと

補助対象者

住所地の市町村において税の滞納がない個人で、次の各号のいずれかに該当するもの。

  1. 空き家の所有権を有する者又はその相続人
  2. 区分所有の長屋の場合にあっては、他の区分所有の長屋の所有者全員の除却についての同意を得た所有者等
条件
  1. 共有者、その他権利を有する者から空き家の除却について同意を得ていること
  2. 不動産販売又は不動産貸付の業のために除却を行うものではないこと
  3. 武雄市暴力団排除条例に規定する暴力団員等ではないこと

補助対象工事

建物の解体、運搬及び処分にかかる工事。

※空き家本体の除却費が対象

※付帯工作物除却、樹木伐採費用は対象外

条件
  1. 武雄市内に本店を置く法人、又は武雄市内に住所を置く個人事業者に請け負わせる工事であること
  2. 建設業の許可などを受けたものに請け負わせる工事であること
  3. 建築物のすべてを除却する工事であること
  4. 平成30年12月31日までに完了する工事であること

補助額

補助対象工事費用の2分の1を補助。

  1. 補助対象者の属する世帯が市町村民税の非課税世帯 50万円(上限額)
  2. 補助対象者の属する世帯が市町村民税の課税世帯 20万円(上限額)

詳しくは、武雄市役所 まちづくり部 住まい支援課 空き家対策係 にお問い合わせください。

 

武雄市の空き家に関する制度

空き家・空き地バンク制度

この制度は、空き家・空き地の有効活用をしたい所有者と、それを利用したい方が空き家・空き地バンクに登録し、双方合意のもとで空き家・空き地の活用をし、移住・定住の促進と地域の活性化を図るものです。

詳しくは、武雄市役所 武雄市まちづくり部 住まい支援課 にお問い合わせください。

 

 

出典:武雄市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ