空き家に関する補助金:九州・長崎県・佐世保市

老朽危険空き家及び空き建築物除却費補助金

佐世保市では、安全・安心な住環境づくりを促進するため、老朽化し危険な空き家及び空き建築物の除却を行う方に対し、除却費の一部(限度額60万円)を補助しています。

対象建築物

次の1から5の要件をすべて満たす建築物が対象建築物となります。また、住宅以外については6の要件も満たす建築物が対象建築物となります。

  1. 佐世保市内の建物である。
  2. 現在、使用されていない。
  3. 木造又は鉄骨造。
  4. 構造の腐朽又は破損が著しく危険性が大きいもの。
  5. 木造で、築後22年以上経過したもの(鉄骨造の場合は、お尋ねください。)
  6. 老朽化又は自然災害等により、空き建築物の建築材料が脱落し、若しくは飛散することにより、人の生命若しくは財産に害を及ぼすおそれのある状態にあるもの。

対象工事

次の1から3の要件をすべて満たす工事が対象工事となります。

  1. 建設業の許可などを受けた者に請け負わせる除却工事であること
  2. 建築物のすべてを除却する除却工事であること(長屋の場合は当該部分の除却工事でも可)
  3. 他の制度等により補助金の交付を受けない除却工事であること

補助金の額

以下の2つを比較して、いずれか低い額の2分の1を補助し、上限額は60万円です。

  1. 補助対象建築物の除却に要した費用の80%
  2. 国土交通大臣が定める標準額

詳しくは、佐世保市のホームページを参照してください。

除去(解体) イメージ

除去(解体) イメージ

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ