空き家に関する補助金:九州・熊本県・八代市

八代市の空き家に関する補助金制度

八代市老朽危険空き家等除却促進事業

 八代市では、老朽危険空き家等の除却を促進し、市民生活の安全・安心と生活環境の保全・改善を図ることを目的として、解体を行う建物の所有者等にその費用の一部を補助します。(予算がなくなり次第、受付終了となります。1次募集期間のお申込み分は、抽選にて順番を決定します。)

●事業対象となる家屋

■市内に存在する「老朽危険空き家等」に該当する建物です。  「老朽危険空き家等」とは、次の要件のすべてに該当する住宅、兼用住宅及びその付属する建物をいい、共同住宅及び長屋を除きます。

■空き家

  1. 概ね1年以上、常時無人の状態で、管理されないまま放置された住宅をいいます。
  2. 申請の際は、空き家の存在する地区の市政協力員等の証明が必要です。

■老朽 空き家

  1. 空き家のうち、構造や設備が著しく不良であるため、居住の用に供することが著しく不適当なものです。(例えば、屋根や外壁、基礎が壊れていたり住宅が傾いていたりする様な状態のものをいいます。)

■老朽危険 空き家

  1. 老朽空き家の内、倒壊や外装材の落下又はそれらの恐れのある危険性があり、近隣、道路等に影響を及ぼす可能性のあるものです。                                                                                   

●補助金の額

■補助対象経費(解体費用の10分の8)の3分の2の金額で、補助金の上限額は60万円です。

詳しくは、八代市役所 建設部 建築指導課 にお問い合わせください。

 

八代市空き家バンク活用促進事業補助金

空き家バンク制度を通して空き家の利活用の促進を図るため、空き家バンク登録物件に対して、利活用の際に必要となる「家財道具等の不要物の撤去」及び「補修や改修工事」の「費用の一部を補助します。

  ※空き家バンク制度:登録された市内の空き家を移住・定住を希望する人に紹介し、賃貸や売買により空き家の有効活用を図る制度です。

1.補助の対象となる物件(次の全てを満たすこと)

(1)空き家バンクの登録物件であること。

(2)空き家バンクの利用登録者との間で、売買または賃貸借契約が締結されている物件であること。

 

2.補助を利用できる方(市税の滞納がないこと及び契約相手方と3親等内の親族でないことが条件です。)

(1) 空き家バンクの物件登録者(空き家バンクに登録して空き家を売却又は賃貸借した人)
(2) 空き家バンクの利用登録者(空き家バンクに登録して空き家を購入又は賃貸借した人)
 (※利用登録者は補助を受けた日から5年以上、当該物件に定住することが条件です。)

3.補助の対象となる事業及び申請期間

(1)不要物の撤去(売買または賃貸借契約の日から3カ月以内に申請してください。)

   (家財道具や屋外構築物の撤去処分、敷地の雑草・樹木の除去、屋内外清掃 等)

(2)改修工事等(売買または賃貸借契約の日から1年以内に申請して下さい。)

   (屋内外の修繕、間取り変更、増築、改修、壁等張り替え、電気、設備改善、給排水管工事 等)

 ※(1)(2)の施工業者は、市内に本店、支店または営業所を有する法人または個人事業主に限ります。

4.補助率・補助上限額・補助回数・計算例について

(1) 補助率 50%

(2) 補助上限額

    (ア)不要物の撤去 10万円

    (イ)改修工事等  40万円

(3) 補助回数等
  (ア)一物件につき「不要物の撤去」及び「改修工事等」それぞれにつき1回限り適用

    (イ)「不要物の撤去」と「改修工事等」の併用可、併用の場合最大50万円補助

(4) 補助金額の計算例

   例)「不要物の撤去」に15万円、「改修工事等」に90万円を要した場合。

     【不要物の撤去(a)】    15万円×1/2=7.5万円・・・・・・・(a)

     【改修工事等(b)】     90万円×1/2=45万円(40万円超のため、上限額40万円が

                  適)・・・・・・(b)

     【補助金額((a)+(b))】 7.5万円+40万円=47.5万円

詳しくは、八代市役所 建設部 建築住宅課 にお問い合わせください。

 

八代市の空き家に関する制度

八代市空き家バンク

八代市では、市内の空き家情報と市内への移住・定住希望者の情報を登録・紹介(マッチング)することで、空き家の賃貸や売買による活用支援とUIJターン者等の住宅確保支援を行う「空き家バンク」を開設しています。

空き家の有効活用をお考えの方、八代市で住宅をお探しの方はぜひご相談ください。

   ただいま、「空き家情報の登録」及び「空き家の利用者登録」の両方の登録を募集しています

■概要   

 空き家所有者の方から申込みを受け登録した空き家情報を、市のホームページ(移住定住サイト)等を通じてUJIターン希望者などに広く紹介します。

 また、空き家の利用者登録をされた方は、ご希望の空き家物件について市から空き家所有者、宅地建物取引業者(仲介業者)に連絡しご案内します。

   登録期間は2年間(更新可)、登録料は無料です。

 なお、利用者登録をされた方との間で賃貸や売買が成約した場合には、「不要物の撤去」やリフォーム等の「改修工事」について「八代市空き家バンク活用促進事業補助金」のご利用が可能です。

 

   PDF 八代市空き家バンク制度実施要綱 別ウィンドウで開きます(PDF:72キロバイト)

 

制度の仕組み
 
■仲介・交渉、契約                                    

  •  空き家の賃貸や売買における仲介・交渉、契約のすべてを(一社)熊本県宅地建物取引業協会(以下「宅建協会」)等に加盟する宅地建物取引業者の仲介で進めていただきます。

    市では、売買・賃貸の仲介・交渉は一切行いませんが、宅建協会と媒介業務について協定を締結しており、市から宅建協会を通じて宅地建物取引業者(仲介業者)の斡旋を行いますので安心して依頼することができます。

  •  なお、宅地建物取引業者の仲介には、成約の際に法律で定められた仲介手数料が必要になります。

 

詳しくは、八代市役所 建設部 建築住宅課 にお問い合わせください。

 

出典:八代市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ