空き家に関する補助金:九州・鹿児島県・鹿屋市

鹿屋市の空き家に関する補助金制度

家具等処分支援補助金

項目 内容説明等
目的 空き家バンクへの物件登録推進を図るため、空き家内の家財道具等の処理費用について助成するもの。
対象者
  1. 空き家バンクに登録し売買または賃貸者契約が締結された物件の所有者等
  2. 空き家バンクに、3年以上登録すること。
  3. 市税等の滞納がないこと
対象物件 空き家バンクに登録を行ったとする物件
対象経費
  • 空き家内の不要な家財道具等の処理費用に関する経費
    (※鹿屋市一般廃棄物収集運搬等許可業者による処理及び、自ら処分するために要した、別途定められた経費)
補助金額 対象経費の2/3以内、上限5万円(同一物件に対して1回限り交付)

詳しくは、鹿屋市役所 地域活力推進課 にお問い合わせください。

 

改修費補助

項目 内容説明等
対象者
  1. 空き家バンク登録者(空き家所有者等)
  2. 空き家バンク利用登録者であって、空き家バンク物件を賃借した方
    • 3年以上居住する意思のある方
    • 空き家所有者等の3親等以内の親族でない方

1.2共通

  • 町内会加入
  • 市税等の滞納がない方
対象物件
  • 空き家バンク登録物件であり、空き家所有者と利用登録者の間で賃貸借契約が締結された物件(成約後6ヶ月以内)
  • 当該改修に関して、国、県、市の制度による補助等を受けていないもの
対象経費 以下の改修工事に要した経費(申請年度内に完了する工事)

  1. 台所、浴室、トイレ、洗面所の改修(和式から洋式トイレへの改修等)
  2. 床、壁、天井の改修(床の張り替え、下地材、根太などの修繕等、壁紙、タイル等の張替え、建具交換等)
  3. 屋根、外壁等の改修(瓦の葺替え、外壁塗替え等)
  4. その他市長が認めたもの
対象外工事
車庫等の附属家の工事、エアコン等の家電の搬入設置、門扉、ブロック塀等の外構工事、電話等の配線工事
補助金額 対象経費の1/2以内、上限50万円(同一物件に対して1回限り交付)

詳しくは、鹿屋市役所 市長公室 地域活力推進課 にお問い合わせください。

 

引っ越し費用補助

項目 内容説明等
対象者 空き家バンク利用登録者であって、空き家バンク物件を購入又は賃借した県外の方

  1. 3年以上居住する意思のある方
  2. 賃借の場合は、過去に賃貸借の履歴がない登録物件に入居される方
  3. 転入転居費用について、ほかの公的住宅扶助を受けていない方
対象物件 空き家バンク登録物件
対象経費 国土交通大臣の許可を受けた運送業者に支払った引っ越し経費
補助金額 対象経費の1/2以内、上限5万円(同一物件に対して1回限り交付)

詳しくは、鹿屋市役所 市長公室 地域活力推進課 にお問い合わせください。

 

危険空き家の解体撤去費の補助金制度

 

市では、市民の安全安心の確保と住環境の改善及び良好な景観の維持を図るため、法に規定する助言、指導又は条例に規定する助言、指導等を受けた危険空き家に対し、解体及び撤去に係る経費等の一部助成を行っています。

助金制度の概要

  1. 補助対象者
    「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づく助言、指導又は「市空家等の適正管理に関する条例」に基づく助言、指導等を受けた空き家の所有者・管理者の方
  2. 補助要件
    (1)市が実施する危険空き家の危険度判定において、180点満点中130点以上であること
    (判定内容:構造の腐朽又は破損の程度、落下又は飛散危険物の有無 など)
    (2)解体業者は、建設業法の許可を受けた市内の業者であること
    (3)解体及び撤去後の跡地利用の計画があること。
    (4)市税等の滞納がないこと など
    ※市外の所有者等の方も助成の対象となります。申請手続き等は市内にお住いの親戚の方に委任することも可能です。
  3. 補助内容
    (1)解体撤去費
    解体撤去費用の3分の1(上限30万円)
    (2)緊急対策経費
    安全対策に必要な措置を講ずる経費の2分の1(上限10万円)

詳しくは、鹿屋市役所 市民生活部 安全安心課 にお問い合わせください。

 

鹿屋市の空き家に関する制度

空き家バンク

空き家バンクとは

市内にある空き家を有効に活用するため、市外の移住希望者に対し、市がホームページ上で空き家情報を提供し、移住、定住を促進することで、地域の活性化を図ろうとするものです。

空き家バンクの流れ

空家バンク制度の流れ

詳しくは、鹿屋市役所 市長公室 地域活力推進課 にお問い合わせください。

 

出典:鹿屋市ホームページより

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ