空き家に関する補助金:九州・福岡県・水巻町

水巻町の空き家に関する補助金制度

住宅新築のための古家解体支援

水巻町に移住・定住促進および空き家対策の一環として、町内に住宅を新築する世帯を支援する制度です。

水巻町内に現存する古家、空き家、危険家屋、店舗、工場など50平米以上の建物を解体し、居住用の住宅を新築するすべての世帯に補助金を交付します。

対象者

平成29年4月1日から平成32年3月31日までに本人居住用として住宅を新築するために古家を解体する者で下記の要件を満たしているもの

  • 解体する古家の所有者(町長が所有者と同等であると認める者)であること
  • 古家の解体後、2年以内に住宅を新築し、居住する予定があること
  • 実績報告の届け出までに新築工事の請負契約をしていること
  • 支援を受けようとする者の世帯全員が町税等の滞納がないこと
  • 過去にこの要綱に基づく補助金の交付を受けていないこと
  • 暴力団員ではないこと(暴力団員でなくなった日から5年を経過している)

ただし、交付決定前に古家を解体したもの及び家財道具、付帯設備、埋設物のみの撤去については対象外とします。

対象物件および条件

町内に建築された住宅、店舗、事業所などの建物で、次の要件のいずれにも該当するものであること

  • 床面積が50平方メートル以上であること
  • 補助金の申請日を基準日として、建築後5年を経過する建物であること
  • 上記に該当する物件を解体かつ居住する部分の延べ床面積が50平方メートル以上の住宅を新築すること

補助額および支払方法

補助金の額は、対象経費に2分の1を乗じた額以内とし、50万円を限度とします。ただし、補助金の額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てるものとします。 支払方法については、口座振替とします。

詳しくは、水巻町役場 管財課 住宅係 にお問い合わせください。

 

水巻町の空き家に関する制度

現在、水巻町の空き家に関する制度は、確認されていません。

 

出典:水巻町ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ