空き家に関する補助金:九州・福岡県・北九州市

北九州市の空き家に関する補助金制度

老朽空き家等除却促進事業

 

昭和56年5月以前に建築された家屋で、老朽化により倒壊や部材の落下のおそれがあるなど危険な家屋や、解体の機械や車両の使用が困難であるなど接道状況が悪い敷地上にある家屋について、除却に要する費用の一部を補助するものです。

助対象建築物(補助要件)

 昭和56年5月以前に建築された家屋で、倒壊や部材の落下のおそれがあるなど、本市で定める一定基準を満たすものが対象です。
※建物が昭和56年6月以降に一部増築等されている場合も対象となります。
※申請書に記載された補助要件等については、必要に応じて市職員が現地調査により確認します。

[概要]
補助対象となる家屋について、以下の項目に基づき判定します。

(1) 建築物が倒壊等するおそれがある
(2) 屋根等が落下、飛散等するおそれがある
(3) 外壁等が落下、飛散等するおそれがある
(4) 屋外付帯設備等(看板、給湯設備、屋上水槽、 屋外階段、バルコニー等)が脱落、転倒等するおそれがある
(5) 接道状況の悪い敷地上にある

※詳細については、補助金交付要領 別表 『補助対象家屋判定表』をご覧ください。

申請対象者

以下の1、2のいずれかに該当する方が申請できます。

  1. 建物所有者、土地所有者、借地権者ならびにそれらの相続人
  2. 1に該当する者の同意を得た者

※申請者は代表者1名です。
※建物に関する権利者が申請者以外にもいる場合は、原則として、他の権利者全員の同意が必要です。
※暴力団員又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者は対象になりません。
※国、地方公共団体等による他の補助金等の交付を受けている場合は対象になりません。
※空家等対策の推進に関する特別措置法の第14条第3項に基づく命令を受けた場合は対象になりません。
※「補助金申請等事務代行届」を提出することにより、申請者以外の者に補助申請等の事務手続きを行わせることができます。

補助額

以下の2つを比較して、いずれか低い額を補助します。なお、上限額は50万円です。

  1. 除却に要した額(消費税及び地方消費税を除く。)の3分の1
  2. 北九州市が定める基準額(=13,000(円/m2)×延床面積(m2))の3分の1

 ※北九州市が定める基準額は見直す場合があります。

詳しくは、北九州市役所 建築都市局 指導部 監察指導課 にお問い合わせください。

 

北九州市の空き家に関する制度

北九州市空き家バンク

  利用されていない空き家をお持ちの方が売却・賃貸を希望する物件の情報を北九州市に登録し、空き家の購入・賃借を希望する方へ提供することで、空き家の有効活用を図る制度です。

 空き家物件の売買・賃貸借契約に関する手続きは、市と協定を締結している「公益社団法人福岡県宅地建物取引業協会北九州支部」、「公益社団法人全日本不動産協会福岡県本部」会員の宅地建物取引業者が行います。

詳しくは、北九州市役所 建築都市局 住宅部 空き家活用推進室 ストック活用係 にお問い合わせください。

 

出典:北九州市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ