空き家に関する補助金:九州・福岡県・築上町

築上町の空き家に関する補助金制度

空き家家財撤去補助金  上限額 5 万円


1.補助金の内容

空き家バンク制度により成約した家屋に残っている、不要なタンスなど、家財道具の処理費用(運送代も含む)の2分の1を助成します。

2.  補助金の対象となる方(以下の要件を全て満たす方)

  • 空き家バンク事業により賃貸借契約または売買契約が成立した方で、当該家屋に残存する家財道具等を全て撤去する方。
  • 売主と買主、または貸主と借主の双方が3親等内の親族でない方。

詳しくは、築上町役場 企画振興課 地域創生推進係 にお問い合わせください。

 

空き家改修等事業補助金  上限額 50 万円

※ 町内業者の施工、または18歳以下の扶養家族がいる場合は 65 万円

1.補助金の内容

空き家バンク制度を活用して購入した家屋の改修、建替に係る費用の2分の1を助成します。   

2.補助金の対象となる方(以下の要件を全て満たす方)

  • 空き家バンク制度により、定住の目的で空き家を購入した方。
  • その他全員が町税等を滞納していない方。
  • 売主の3親等内の親族でない方。

詳しくは、築上町役場 企画振興課 地域創生推進係 にお問い合わせください。

 

不動産契約仲介手数料補助金   上限額 5 万円

1.補助金の内容

空き家バンク制度により成約した家屋の売買・賃貸借契約において、不動産事業者に仲介を依頼した際の仲介手数料を助成します。

2.補助金の対象となる方

仲介手数料を支払った売主と買主、または貸主と借主で、双方が3親等内の親族でない方

詳しくは、築上町役場 企画振興課 地域創生推進係 にお問い合わせください。

 

空き家成約奨励金   一律 5 万円

1.補助金の内容

空き家バンク制度を活用して成約した家屋の売主、または貸主に奨励金を交付します。

2.補助金の対象となる方(以下の要件を全て満たす方)

  • 売主または貸主の方。
  • 空き家の売買契約または賃貸借契約を行なった方。
  • 売主と買主、または貸主と借主の双方が3親等内の親族でない方。

詳しくは、築上町役場 企画振興課 地域創生推進係 にお問い合わせください。

 

築上町老朽危険空き家除却費補助金

築上町では、老朽危険空き家の除却に要する費用に対し、予算の範囲内において、除却費 補助金を交付しています。

補助対象建築

補助金の交付の対象となる建築物は、次に掲げる要件をすべて満たすものとする。

(1) 築上町内に存する建築物

(2) 現に使用されていない建築物

(3) 木造又は鉄骨造である建築物

(4) 過半が居住の用に供されていた建築物

(5) 住宅地区改良法施行規則(昭和35年建設省令第10号)別表第1において、(い)欄に掲げ る評定区分ニの構造の腐朽又は破損の程度における合計評点が100点以上であると測定される 建築物

(6) 減価償却資産の耐用年数に関する省令(昭和40年大蔵省令第15号)に定める耐用年数を超 えて存する建築物

上記にかかわらず、特に町長が認めるものについては、補助対象建築物とする。

補助対象者

補助対象者は、築上町税等の滞納がない者で、 次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 補助対象建築物の登記事項証明書(未登記の場合は固定資産課税台帳兼名寄帳又は固定資 産税納税通知書)に所有者として記録されている者(法人を除く。)

(2) 前号に規定する者の相続人

(3) その他町長が認める者

上記にかかわらず、補助対象建築物が複数人の共有である場合は、当該共有者全員(補 助金の申請をしようとする者が共有者の1人である場合、当該補助金の申請をしようとする者を 除く。)から補助対象建築物の除却についての同意を得られない者は、補助対象者としない。た 2/5 だし、当該補助金の申請をしようとする者が、紛争等が生じた場合の誓約書(第1号様式)の提 出が出来るものについては、この限りでない。

補助対象建築物の登記事項証明書に所有権以外の物権(賃借権を含む。)の設定がある場合に おいて、権利者全員から補助対象建築物の除却についての同意を得られない者は、補助対象者と しない。

補助対象工事

補助対象工事は、補助対象者が発注する補助 対象建築物の除却工事であって、建設業法(昭和24年法律第100号)別表第1の下欄に掲げる土木 工事業、建築工事業若しくはとび・土工工事業に係る同法第3条第1項の許可を受けた者又は建 設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(平成12年法律第104号。以下「建設リサイクル法」 という。)第21条第1項に規定する登録を受けた者に請け負わせる除却工事とする。

上記にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する工事は、補助対象工事としない。

(1) 補助金の交付の決定前に着手した工事

(2) 建築物(長屋住宅を除く。)の一部を除却する工事 (3) その他町長が不適当と認める工事

補助対象経費

補助対象経費は、 住宅地区改良事業等補助金交付要領(昭和53年4月4日付建設省住整発第14号)第4-4-(1) に基づき、補助対象建築物の除却工事費に10分の8を乗じて得た額とし、国土交通大臣が定める 標準建設費のうちの除却工事費を上限とする。

上記の国土交通大臣が定める標準建設費は、補助金の交付の決定をした際における標準建設費を使用するものとする。

補助金の額

補助金の額は、前条の規定により算出した補助対象経費に2分の1を乗じて得た額とし、 300,000円を上限とする。

算出した額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額を補助金の額とする。

詳しくは、築上町役場 環境課 にお問い合わせください。

 

築上町の空き家に関する制度

空き家バンク制度

町内にある空き家の売買・賃貸を希望する所有者から登録をいただいた情報を、ホームページなどを通して公開し、定住などで空き家の利用を希望する方に情報提供を行う制度です。

築上町では、町内に存在する空き家の有効利用を通して、地域住民の交流及びU・J・Iターンなどで定住の促進による地域の活性化を図ることを目的とする。
◎Uターンとは、地方で生まれ育った人が一度勤務した後で、再び自分の生
まれ育った故郷に戻って働くことを言います。
◎Jターンとは、地方で生まれ育った人が一度都心で働き、その後また故郷
とは違う別の地方に移住して働くことを言います。
◎Iターンとは、生まれ育った故郷以外の地域に定住することを言います。

空き家バンク制度の概要図

詳しくは、築上町役場 企画振興課 地域創生推進係 にお問い合わせください。

 

出典:築上町ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ