空き家に関する補助金:関東・東京都・奥多摩町

奥多摩町の空き家に関する補助金制度

若者定住応援補助金

奥多摩町で住宅を新築、増築、改築、購入された方に、補助金を交付しています。

対象となる人

年齢45歳以下の夫婦又は50歳以下の者で子ども(中学生以下の者)がいる世帯、若しくは35歳以下の単身者。

条件と補助額

住宅の新築、増築、改築、購入をされた方。

事業費が50万円以上。事業費の2分の1以内の補助。最大で200万円の補助

事業を実施後、1年以内のもの。補助等を受けることができる回数は1回のみ。

詳しくは、奥多摩町役場 若者定住化対策室 にお問い合わせください。

 

利子補給

奥多摩町に定住を目的とした住宅を新築、増築、改築、購入された方に、資金借入に対する利子補給を行っています。

対象となる人

年齢45歳以下の夫婦又は50歳以下の者で子ども(中学生以下の者)がいる世帯、若しくは35歳以下の単身者。

条件と補助額

融資金額500万円以上で償還期間が10年以上。

借入利率の2分の1。年額30万円以内(給付期間36か月)。

詳しくは、奥多摩町役場 若者定住化対策室 にお問い合わせください。

 

奥多摩町空家等活用促進事業交付金

町では、少子化・定住化対策が町の高齢化対策や地域活力の向上に寄与すると考え、空家を活用した定住対策に積極的に取り組んでいます。

その空家活用対策の一環として、新たに「奥多摩町空家等活用促進事業交付金」を創設し、空家を活用していただける方に助成金を交付いたします。

助成金は、空家の活用に伴い発生する費用として「ごみ処分」、「相続登記」などにかかる費用の全部若しくは一部を助成するものです。

なお、奥多摩町空家等活用促進事業交付金に規定している条件に合わない場合は、対象 となりません。

①町に土地・建物を寄付される場合

ごみの処分費などにかかる費用を最大で200万円(上限)を助成

②若者用空家バンクに登録される場合

ごみの処分費などにかかる費用を最大で50万円(上限)を助成

③空家バンク(従来型)に登録される場合

ごみの処分費などにかかる費用を最大で10万円(上限)を助成

詳しくは、奥多摩町役場 企画財政課 にお問い合わせください。

奥多摩町の空き家に関する制度

空家バンクとは

町では、空家等の有効活用による地域の活性化と、町民と都市住民との交流拡大を図ることを目的として「奥多摩町空家バンク」を開設しました。

「奥多摩町空家バンク」とは、空家や宅地を所有されている方々に賃貸・売買の物件情報を登録いただき、奥多摩町に定住を希望される方に対して町のホームページで情報を紹介するシステムです。

空家バンクをご利用いただくためには、次の手続きにより物件提供者及び利用希望者それぞれの方に登録を頂きます。

詳しくは、奥多摩町役場 地域整備課 管理係 にお問い合わせください。

 

若者用空家バンクとは

「奥多摩町若者用空家バンク」とは、町への若者世帯の定住促進を目的とした、若者世帯向けに特化した空家バンク制度です。「奥多摩町若者用空家バンク」の利用者条件は以下のとおりです。

  • 35歳以下の単身世帯
  • 45歳以下の夫婦
  • 50歳以下で子ども(中学生以下)がいる世帯

詳しくは、奥多摩町役場 地域整備課 管理係 にお問い合わせください。

 

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ