空き家に関する補助金:関東・東京都・中野区

中野区の空き家に関する補助金制度

老朽建築物の解体除却費の補助(不燃化特区 一部地域)

老朽建築物の解体除却を行う方にその費用を補助するものです。
老朽建築物とは、耐用年数の3分の2を超過している建築物です。(下表の老朽建築物欄を参照)

構造別耐用年数表(減価償却資産の耐用年数等に関する省令より)
構造 耐用年数 老朽建築物
鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造 47年 築32年以上
鉄骨造(骨格材4ミリ超) 34年 築23年以上
鉄骨造(骨格材3ミリ超から4ミリ以下) 27年 築18年超
鉄骨造(骨格材3ミリ以下) 19年 築13年以上
木造 22年 築15年以上

補助の対象となる方

 老朽建築物の解体除却を行う方(建物所有の有無、個人、法人は問いません)

補助金額(限度額があります)

 老朽建築物(付属する工作物を含みます)の除却(解体)および整地に要する費用。

老朽建築物除却後の土地管理の補助

 この補助により老朽建築物を除却した土地を土地の所有者の方が、更地として管理する場合、その管理に要する費用の一部を補助します。

補助の対象となる方

 老朽建築物の除却費補助を受けて、建物が除却された土地の所有者の方

土地の管理要件

  1. 有料駐車場など土地が収益事業に使用されていないこと
  2. ごみの不法投棄や雑草の繁茂などがなく、適正に管理がされること
  3. 自動車、自動二輪車や可燃延焼のおそれのあるものが保管されていないこと

補助金額(限度額があります)

 次の経費の合計額となります。なお、限度額は下記「土地管理費の限度額表」をご覧ください。

  1. 仮柵や雨水浸透桝等の設置、簡易舗装に要する費用
  2. その他土地の管理上必要と認められる費用

詳しくは、中野区役所 都市基盤部 地域まちづくり分野 にお問い合わせください。

 

 

中野区の空き家に関する補助金制度

固定資産税・都市計画税の都税の減免(不燃特区 一部地域)

不燃化特区の指定範囲内(弥生町三丁目周辺地区及び大和町中央通り沿道地区)で「不燃建築物に建替えた場合の建物」や「老朽建築物除却後の土地」について、一定の要件を満たす場合、都税事務所に申請することにより、固定資産税・都市計画税の減免が受けられます。

詳しくは、中野区役所 都市基盤部 地域まちづくり分野 にお問い合わせください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ