空き家に関する補助金:関東・東京都・目黒区

目黒区の空き家に関する補助金制度

老朽建築物除却費助成制度(不燃特区 一部地域)

不燃化特区内(「原町一丁目・洗足一丁目地区」・「目黒本町五丁目地区」 )で、老朽化した建物を除却する場合に、その費用の一部を助成します。

〔助成金の内容〕

老朽建築物の延べ面積に応じての除却に要した費用の一部を助成します。

上限 80万円

〔助成の対象となる老朽建築物〕

昭和 56 年 5 月 31 日以前の基準で建築されたものなど、 延焼防止上危険と認められる建築物となります。

詳しくは、目黒区役所 都市整備課 住環境整備係  にお問い合わせください。

 

目黒区の空き家に関する補助金制度

固定資産税・都市計画税の減免(不燃特区 一部地域 条件有)

不燃特区(「原町一丁目・洗足一丁目地区」・「目黒本町五丁目地区」 )で老朽住宅を除却した更地にかかる固定資産税・都市計画税が減免されます。

要件を満たしている場合に、老朽住宅を除却した更地に対する住宅の敷地並みの税額へ の減免を、除却した翌年度から最長 5 年度分受けることができます。

手続きについては、除却前に区から防災上危険な老朽建築物の認定を受けていること、 除却後の更地が適正に管理されている証明を受けていることが必要となります。

また、減免を受けようとする年度の納期限(通常、6 月 30 日)までに目黒都税事務所 に申請する必要があります。

詳しくは、目黒都税事務所 固定資産税係  にお問い合わせください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ