空き家に関する補助金:関東・東京都・北区

北区の空き家に関する補助金制度

老朽家屋除却支援事業

北区では、危険な老朽家屋の除却費用の一部を助成することにより、地震等の自然災害による被害や管理不全な状態による事故等の防止を図り、区民が安全で安心して住める災害に強いまちづくりを推進します。

助成対象となる建築物1

北区内にある、木造の危険な老朽家屋で、次の要件をすべて満たすものとします。

  • [1]6か月以上使用されてないことが確認できること。
  • [2]昭和56年5月31日以前に建築に着手されていること。
  • [3]区の現場調査等により倒壊等のおそれがあると診断されたこと。
  • [4]所有者が個人又は中小企業であること。

次のいずれかに該当する場合においては助成の対象とはなりません。

  • [1]不動産販売、不動産貸付又は駐車場等を業とするものが当該事業のために行う除却である場合
  • [2]東京都北区木造民間住宅耐震改修促進事業実施要綱(平成21年5月18日区長決裁21北ま建1156号)に基づく耐震建替え工事費助成のほか、国、地方公共団体、その他の団体からこの要綱に基く助成と同種の助成を受けている場合。

助成対象となる方

助成の対象となる方は、次の要件をすべて満たす方です。

  • [1]助成対象となる建築物の所有者(共有の場合は、すべての共有者によって合意された代表者)であること。
  • [2]住民税を滞納してないこと。

助成対象金額

助成金の額は、工事に要した費用(仮設工事費、建物及び付属物撤去費等)の2分の1を乗じて得た額(1,000円未満切り捨てる。)とします。ただし、1件につき80万円を限度とします。

助成対象となる建築物2

北区内の密集事業区域内(不燃化特区を除く)にある、木造の危険な老朽空家で、次の要件をすべて満たすもの

  • [1]助成対象となる建築物1の要件[1]~[4]をすべて満たすこと
  • [2]除却後の土地を区又は土地開発公社に売却するものであること
  • [3]再建築可能な土地であること
  • [4]土地の面積が100平方メートル以上であること
  • [5]土地が接する道路が私道ではないこと
  • [6]道路の幅員が現状で2.7m以上あること

注意事項

耐震建替え工事助成のほか、国、地方公共団体等から同種の助成を受けている場合は対象となりません。

助成対象となる方

助成の対象となる方は、次の要件をすべて満たす方です。

  • [1]助成対象となる建築物の所有者(共有の場合は、すべての共有者によって合意された代表者)であること。
  • [2]住民税を滞納していないこと。

詳しくは、北区役所 まちづくり部 建築課 にお問い合わせください。

 

北区の空き家に関する制度

現在、北区の空き家に関する制度は、確認されていません。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ