空き家に関する補助金:関東・東京都・檜原村

檜原村の空き家に関する補助金制度

檜原村定住促進空き家活用事業

檜原村では、村内に所在する空き家を利用することにより、活性化と定住の促進を目的として檜原村定住促進空き家活用事業を実施しています。

事業名 対象者 補助内容 補助金額 備 考
空き家登録事業 自治会

空き家提供者

空き家の貸出、売買の希望登録した場合 1件につき 30,000 円 (登録に伴う 補助金の交付 は 、該 当 物 件 1 回限りとす る。)
空き家提供者 上記空き家のうち移住者が入居した場合 1件につき 100,000 円 (賃貸 契約期 間が10年に 満たないものについては、契約年数に10,000 円を乗 じた金額とする。)
空き家家財道具等処分事業 空き家提供者 空き家移住者 (購入者を含 む ) 登録した空き家の家財道 具等を処分・搬出するため の費用 家財道具等の処 分・搬出に要する 費用の2分の1 (補助金額の 上限は 100,000 円 )
空き家 改修事業 空き家提供者 空き家購入者 空き家借入者 (賃貸の条件 で借入者が改 修の費用負担 をすることと なっている場 合 で 、契 約 終 了 後 は 、改 修 に よ って増加した 財 産 は 、貸 主 の ものとする記 載がある場 合。) 貸出、売買登録した空き家で、入居者が決定し 、当該空き家が建築後10年以上経過しており 、次に定める改修を行おうとする場合

・台所の改修費用

・トイレの改修費用

・風呂の改修費用

・下水道への接続費用

・その他補助することが適当と認められる内部改修費用(畳替、襖、障子の張替え、ガラスの入替等簡易な改修は除く。)

① 対象経費の 2分の1 (補助金額 の上限は 1,000,000 円 )

② 改修費用か ら①の補助 金額を控除した額につ いて、金融機関等からの融資を受けている場合は、年間に支払った 利子について、1/2の利子補給を当初融資を受けた年から10年間につき行う。

空き家 移住事業 空き家移住者 登録した空き家に移住者が引っ越す場合の費用 1件につき 100,000 円 (移住に伴う 費用の交付は、 1回限りとす る。)
空き家 仲介事業 空き家提供者

空き家移住者 (購入者を含む)

登録した空き家の賃貸、売買をする場合に 、仲介業者が介在した場合の仲介手数料補助 仲介手数 料 の 2分の1 売買に伴う手 数料補助の上 限は100,000 円

詳しくは、檜原村役場 企画財政課 むらづくり推進係 にお問い合わせください。

 

檜原村の空き家に関する制度

現在、檜原村の空き家に関する制度は、確認されていません。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ