空き家に関する補助金:関東・東京都・足立区

足立区の空き家に関する補助金制度

老朽家屋等解体工事助成

足立区では、「老朽家屋等審議会」で認められた特に危険な老朽家屋等を対象に老朽家屋等解体工事助成を実施しています。

助成の対象となる建物等は、以下のものとなります。

  • 戸建住宅(木造・非木造)
  • 共同住宅(木造・非木造)
  • 住宅兼店舗(作業場)
  • 工場・倉庫・物置
  • 塀・門等

助成には主に以下の条件があります。

  • 老朽家屋等審議会で、特に周囲に危険を及ぼしている建物と認定されたもの
  • 申請者は、建物等の所有権(共同所有の場合は全員の同意)を有すること
  • 申請者は、市町村民税等を滞納していないこと
  • 建物には、所有権以外の権利が登記されていないこと
  • 国、地方公共団体等や宅地建物取引業者は対象から除外

※このほかにも、助成ができない場合がありますので、詳細な条件については、下記の問合せ先までお問い合わせください。

助成額は以下のとおりです。

消費税分を除く解体工事費用に、下記の表の数値を適用した額。(助成額は千円未満を切り捨てた額となります。)

助成の率 助成額
木造 10分の5 50万円以下
非木造 10分の5 100万円以下

詳しくは、足立区役所 建築室 建築安全課 にお問い合わせください。

 

足立区の空き家に関する制度

現在、足立区の空き家に関する制度は、確認されていません。

 

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ