空き家に関する補助金:関東・栃木県・芳賀町

芳賀町の空き家に関する補助金制度

空き家バンクリフォーム補助制度

空き家バンクへの登録を促進するため、空き家バンク登録物件を対象に、リフォーム工事や残存する家財の処分に係る費用に対し補助金を交付します。

対象

  • 芳賀町が実施している空き家バンクの登録物件の所有者または入居者(入居予定者)
  • 町税を滞納していない人
  • 空き家の所有者等の3親等以内の親族でない人

補助金の額

リフォーム工事

費用の2分の1に相当する額または50万円のうちいずれか少ない額。

※経費の総額が20万円以上であること(他の補助金等の対象経費に含まれていないこと)。また、芳賀町に事務所もしくは事業所を有する法人または住所を有する個人事業主により実施する工事であること。

  • リフォーム工事とは・・・・空き家バンクに登録された空き家の安全性、居住性、機能性等の維持または向上のために行う修繕、模様替え、増築等に係る工事をいう。
家財処分

費用の2分の1に相当する額または10万円のうちいずれか少ない額。

※経費の総額が5万円以上であること(家電リサイクル法等に基づく処理費用は除く)。また、処理・処分は、一般廃棄物処理業の許可を取得している業者に委託すること。

  • 家財処分とは・・・・空き家において使用されず残置された状態の電化製品、家具、食器、その他の家財道具を処分することをいう。

詳しくは、芳賀町役場 都市計画課 都市計画係 にお問い合わせください。

 

芳賀町の空き家に関する制度

空き家バンク制度

町では、空き家の有効活用を通して、移住及び定住の促進による地域の活性化を図る「空き家バンク」事業を立ち上げました。
「空き家を誰かに売りたい、貸したい」などと考えている空き家所有者の皆さん、「芳賀町へ移り住んで定住したい」などと考えている空き家利用希望者の皆さん、空き家バンクに登録してみませんか。
実際の契約交渉などの仲介は、町と協定を締結した栃木県宅地建物取引業協会に加盟している芳賀町内の宅地建物取引業者が行いますので安心です。

空き家バンクとは

空き家の売却又は賃貸を希望する所有者などからの申込みにより登録された空き家情報を、空き家の利用を希望する人に対して、町が提供する制度のことです。

空き家とは、個人が芳賀町に所有し、かつ、現に居住していない又は近く居住しなくなる建物及びその敷地のことをいいます。ただし、分譲住宅、賃貸住宅その他の芳賀町空き家情報登録制度実施要綱以外による売却又は賃貸を目的とした建物及びその敷地を除きます。

image1

空き家バンクに登録できる家

個人が所有し、居住または店舗運営を目的として建築され、現に居住・使用されていない建物及びその敷地が対象となります。以下の条件の場合については、当制度では取り扱いませんのでご注意ください。また、以下の条件を満たさない物件であっても、現地調査の結果、空き家バンクへの登録が適当でないと判断させていただいた場合は、登録をお断りする場合があります。

  • 賃貸借を目的として建築された物件
  • 主として不動産業を営むものが所有する物件
  • 老朽化が著しい物件
  • 昭和56年5月31日以前に建築されたもので、耐震基準適合証明がないもの
  • 町長が空き家バンクへの登録が適当でないと認めるもの

詳しくは、芳賀町役場 都市計画課 都市計画係 にお問い合わせください。

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ