空き家に関する補助金:関東・神奈川県・箱根町

箱根町の空き家に関する補助金制度

箱根町空き家リフォーム事業補助制度

町の人口増加及び定住促進により活力あるまちづくりを促進するとともに、空き家バンクの積極的な活用を促進するため、箱根町空き家バンクを利用して購入した空き家を、定住を目的にリフォームする方に、リフォーム費用の一部を補助します。

対象者

  1. 箱根町空き家バンクを利用して購入した空き家に定住する意思があること。
  2. 定住する世帯員が町税等を滞納していないこと。

対象となるリフォーム

  1. 主要構造部、居室、台所、浴室、便所その他の生活をするために必要な部分のリフォームであること。
  2. 対象となるリフォームに要する経費が20万円以上であること。ただし、併用住宅において非住宅部分のリフォームも併せて行う場合は、住宅部分の床面積を建物全体の床面積で除して得た値に、全体のリフォームに要した費用の額を乗じて得た額を補助対象経費とします。
  3. 補助金の申請年度内に対象事業が完了すること。

補助金額

 20万円を超えるリフォーム工事に対して一律10万円

詳しくは、箱根町役場 企画観光部 企画課 にお問い合わせください。

 

箱根町の空き家に関する制度

箱根町空き家バンク制度

町内の空き家等を有効活用して、地域の活性化と定住の促進を図るために「箱根町空き家バンク」を創設しました。

 空き家等を売りたい人、借りたい人はぜひご相談ください。

空き家バンクとは

 箱根町内の空き家等の有効活用と定住人口増加を目的に、売りたい、貸したいと希望する空き家等を所有する方から物件情報を登録していただき、その情報を見て、買いたい、借りたいという希望者との橋渡しを箱根町と公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会小田原支部が連携して行う制度です。

空き家バンクの流れ

 

詳しくは、箱根町役場 企画観光部 企画課 にお問い合わせください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ