空き家に関する補助金:関東・神奈川県・愛川町

愛川町の空き家に関する補助金制度

空き家取得費助成制度

 愛川町では、空き家の有効活用等を図るため、空き家バンクに登録された空き家を取得し、愛川町に定住しようとする方などに、取得費用の一部を助成します。

助成対象者

 次の要件をすべて満たす方

  1. 購入した空き家に入居し、転入又は転居の届出を行った方
  2. 5年以上定住する見込みである旨の誓約書を提出した方(空き家取得費助成金交付申請書と合わせて提出していただきます)

本町に転入・転居した日の翌日から起算して90日以内に申請してください。

上記のほかにも、諸条件がありますので、詳しくはお尋ねください。

助成対象住宅

 愛川町空き家バンクに登録された空き家

助成金額

30万円

 ただし、売買契約書に記載された代金総額の2分の1以内(千円未満切り捨て)とします。

詳しくは、相川町役場 環境課 環境対策班 にお問い合わせください。

 

空き家改修事業補助制度

 愛川町では、空き家の有効活用等を図るため、空き家バンクに登録された空き家を改修される方に、改修費用の一部を補助します。

補助対象者

空き家所有者
  • 入居者又は入居予定者がいる空き家の所有者
  • 空き家に係る賃貸借契約又は売買契約を締結している方(入居者)
  • 空き家に係る賃貸借契約又は売買契約を締結していないが、改修が完了するまでに賃貸借契約又は売買契約が締結できる方(入居予定者)
  • 空き家の所有者から当該空き家を取得した方
空き家の入居者・入居予定者

 空き家の所有者から改修に係る同意が得られており、次のいずれかに該当する方

  • 空き家に係る賃貸借契約又は売買契約を締結している方(入居者)
  • 空き家に係る賃貸借契約又は売買契約を締結していないが、改修が完了するまでに賃貸借契約又は売買契約が締結できる方(入居予定者)

上記のほかにも、諸条件がありますので、詳しくはお尋ねください。

補助対象住宅

 空き家バンクに登録された空き家で、補助金の申請年度内に改修の完了が見込まれる空き家

補助対象経費等

 次の要件をすべて満たす改修に要する経費

  1. 屋根、外壁、トイレ、風呂、台所等の生活するために必要な改修に要する経費
  2. 10万円以上の改修に要する経費
  3. 施工業者を利用した改修に要する経費
  4. 国、県又は町の補助、助成等の対象となる改修工事以外の改修に要する経費

愛川町木造住宅耐震改修工事費補助金との併用はできません。

  • 空き家1件につき1回限りの申請となります。
  • 補助金交付申請書は、改修の着工前であって、入居前または入居日の翌日から起算して1年以内に提出してください。

補助金額

 改修に要した経費の2分の1以内(上限20万円、千円未満切り捨て)

詳しくは、相川町役場 環境課 環境対策班 にお問い合わせください。

 

空き家解体費補助制度

 愛川町では、空き家の有効活用等を図るため、空き家バンクに登録された空き家を取得し、自ら居住するための住宅を建設する方に、解体費用の一部を補助します。

補助対象者

 次の要件をすべて満たす方

  1. 空き家の所有者等から当該空き家を取得した方
  2. 空き家解体後に自らの居住の用に供する住宅を建設する予定の方

上記のほかにも、諸条件がありますので、詳しくはお尋ねください。

補助対象住宅

  1. 愛川町空き家バンクに登録された空き家
  2. 補助金の申請年度内に解体の完了が見込まれる空き家
  3. 施工業者を利用して解体する空き家

補助金額

施工業者を利用して解体した対象経費の2分の1以内(最大30万円)

詳しくは、相川町役場 環境課 環境対策班 にお問い合わせください。

 

愛川町の空き家に関する制度

空き家バンク制度

愛川町では、町内にある空き家の情報を、住宅を探している方へ提供することにより、空き家を有効利用し、良好な生活環境の保全や定住促進を図るため、空き家バンク制度を創設しました。

この制度は、空き家を所有する方で、売却や賃貸の希望がある方に空き家バンクに登録していただき、町のホームページに掲載等して、空き家を購入したい方や借りたい方に情報を提供するものです。

詳しくは、相川町役場 環境課 環境対策班 にお問い合わせください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ