空き家に関する補助金:関西・奈良県・生駒市

生駒市の空き家に関する補助金制度

既存住宅流通等促進奨励金

市内にある中古住宅を購入し、省エネ・耐震・バリアフリー等の工事を行い、新たにその住宅に住む所有者の方に対して1件30万円の奨励金を交付します。

奨励金制度の概要

以下の(1)から(3)すべてに該当するもの

(1)平成27年10月15日以降に市内にある中古住宅を購入

(2)中古住宅の購入(売買契約締結)後、6ヵ月以内に下記のいずれかの性能等向上改修工事を行ったもので、その改修工事に要した費用が50万円を超えるもの(バリアフリー改修工事については、他の補助制度等により補助等を受けた場合は、その金額を除く。)

  • 耐震改修工事   地方税法附則(昭和25年法律第226号)第15条の9第1項に規定する耐震改修工事又は生駒市既存住宅耐震改修工事補助金交付要綱第4条に規定する耐震改修工事(シェルター型耐震改修工事は除く。)
  • 省エネルギー改修工事   地方税法附則第15条の9第9項に規定する熱損失防止改修工事
  • バリアフリー改修工事   地方税法附則第15条の9第4項に規定する居住安全改修工事

(3)性能等向上改修工事を行った住宅で本市に住民登録をすること

奨励金額

1件 30万円

注意

  • 交付件数(10件)に達し次第、締め切ります。
  • 工事完了後の申請となります。申請時に交付件数に達している場合は、奨励金を交付できませんのでご注意ください。

詳しくは、生駒市役所 都市整備部 住宅政策室 にお問い合わせください。

 

老朽危険家屋の解体や家財処分の費用を補助

日常生活における市民の安全・安心の確保を図るため、所有者等が老朽化した危険な空き家(一定の基準を満たしたもの)を解体するのにかかった費用や、空き家の家財処分等にかかった費用に対し、その費用の一部を補助する制度です。

・対象費用

  1. 老朽化した危険な空き家であると判定された空き家を解体するのにかかった費用 <建築課>
  2. 老朽化した危険な空き家であると判定された空き家の家財を処分する費用 <建築課>
  3. 空き家バンク等に登録のある空き家の家財を処分する費用 <住宅政策室>

(注意) 1、2の併用は可能です。その他要件がございますので詳細は要綱をご参照ください。

・補助金額

 解体費用の補助…解体費用の3分の1を乗じて得た額(限度額50万円)

 家財処分費用の補助…家財処分費用に2分の1を乗じて得た額(限度額10万円)

(注意)解体工事や家財処分の契約や着手する前に補助申請の手続きが必要です。

詳しくは、生駒市役所 都市整備部 建築課 にお問い合わせください。

 

生駒市の空き家に関する制度

生駒市空き家等バンク制度

空き家等の有効活用により市民による地域コミュニティ活動、文化活動及び公共的事業を支援するとともに地域活性化を図ることを目的として空き家等バンク制度を実施しています。(平成27年1月5日より登録受付開始)

制度の概要

生駒市空き家等バンク制度の概要図です。
詳しくは、生駒市役所 都市整備部 住宅政策室 にお問い合わせください。

出典:生駒市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ