空き家に関する補助金:関西・兵庫県・神戸市

神戸市の空き家に関する補助金制度

神戸市空き家再生等推進事業

神戸市では、空き家の利活用を促進するため、空き家住宅及び空き建築物を地域の活性化に資する「神戸市空き家再生等推進事業」を実施し、地域活動や地域住民の交流拠点等の用途に活用する空き家の改修等を行う民間事業者等に対して、補助金を交付します。

◆補助要件◆

対象物件

神戸市内にあり、現在及び今後も利用予定がない住宅又は建築物(以下、「空き家」という)

対象者

空き家の所有者(予定者を含む)又は空き家の賃借人(予定を含む)
※市税の滞納者や暴力団員等は対象となりません。

対象事業

地域コミュニティ維持・再生を目的とした事業で、10年以上対象物件を下記の用途に活用することが条件です。
・滞在体験施設
・交流施設
・体験学習施設
・創作活動施設
・文化施設
・その他市長が認める用途
※宗教活動、政治活動若しくは選挙活動、公益を害する恐れ又は公序良俗に反する恐れのある活動は認めません。

補助件数

1件

補助内容

改修工事にかかる費用の2/3
ただし、内外装等改修費用については、1,333千円を、耐震改修費用については、1,000千円を上限とします。

補助対象工事

(内外装等改修)
・台所、浴室、洗面所又は便所の改修工事
・給排水、電気又はガス設備の改修工事
・屋根又は外壁等の外装の改修工事
・壁紙の張替え等の内装の改修工事
・家財の撤去に要する費用
・その他市長が認める工事
(耐震改修)
・耐震改修工事

詳しくは、神戸市役所 住宅都市局 住宅部 住宅政策課 にお問い合わせください。

 

老朽危険家屋対策

近年、高齢社会の進展や核家族化などに伴って適正な維持保全がなされていない老朽危険家屋が増加しており、これらが倒壊したり部材が飛散する恐れがあることで周辺の市民に不安を与えています。
このような危険から市民を守るため、家屋の維持保全に対する所有者責任を明確化し、老朽危険家屋の所有者に必要な措置を講ずるよう指導等を行うとともに、安全性確保に必要な調査や応急的な措置等を行うことができるよう、神戸市建築物の安全性の確保等に関する条例の一部を改正し、平成25年7月1日より施行しました。

また、条例に基づく指導・助言、勧告に応じて、所有者責任による自主的な解決に取り組む所有者に対する支援制度を創設しました。

神戸市建築物の安全性の確保等に関する条例(老朽危険家屋関係) 概要

・建築物の維持保全に関する所有者等の義務を明確化しました。
・危険な状態にある建築物の所有者等に対して指導、助言及び勧告を行なうことができます。
・勧告に従わない所有者等の氏名等を公表することができます。
・勧告等に従って必要な措置をとる所有者等に対し、技術的援助又は経費の一部助成を行なうことができます。
・建築物の所有者等を確知できない場合、土地所有者等へ協力を求めることができます。
・建築物の所有者等を確知できず、緊急の必要がある場合、市による危害防止のための必要最小限の措置(応急的危険回避措置)をとることができます。
・建築物の維持保全の状況確認及び所有者等の確知のための調査等を行なうことができます。
・警察その他の関係機関への協力要請を行うことができます。また、自治会その他の地域団体との連携を図るものとします。

支援制度の概要

・専門家派遣制度
市の指導等に従い老朽危険家屋の是正を図る場合に障害となっている課題に対し、法律、建築、不動産等の専門家による相談を実施します。
・相続調査補助制度
勧告相当老朽危険家屋の相続関係が明らかでないなどの課題により、除却ができない所有者に対し、相続人調査等に係る費用の一部を補助します。
・応急的危険回避措置補助制度
所有者が勧告相当老朽危険家屋の危険部分の応急措置を行う場合に、費用の一部を補助します。
・解体除却補助制度
所有者が勧告相当老朽危険家屋を除却する場合に、除却費用の一部を補助します。
・土地所有者補助制度
土地所有者が所有者不明の勧告相当老朽危険家屋を除却するため、財産管理人申立や明け渡し請求訴訟などを行う場合に、費用の一部を補助します。
・土地建物寄附受け制度
勧告相当老朽危険家屋・土地の所有者が自ら措置を行うことが困難で、かつ跡地管理について地域団体等の協力を得られる場合に、市が土地建物の寄附を受け、老朽危険家屋を除却します。

詳しくは、神戸市役所 住宅都市局 建築指導部 安全対策課 にお問い合わせください。

 

神戸市の空き家に関する制度

神戸・里山暮らし空家バンク

「神戸・里山暮らし空家バンク」は、神戸市内の農村地域を対象とした空家バンクです。農村地域内にある空家の所有者等から登録申し込みを受け、「神戸・里山暮らし空家バンク」に掲載します。神戸の農村地域に移住を希望される方は、まず、「神戸・里山暮らし空家バンク」の利用登録をした上で、興味がある物件がありましたら、お問い合わせください。

なお、空家バンクのご利用は、農村地域の生活文化や自然環境等についてご理解いただき、地域住民の方と協調して、自ら居住しようとする方に限ります。(セカンドハウスとしてのご利用は対象としておりません。)

詳しくは、神戸市役所 経済観光局 農政部 計画課 にお問い合わせください。

 

出典:神戸市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ