空き家に関する補助金:九州・鹿児島県・南さつま市

南さつま市の空き家に関する補助金制度

危険廃屋解体補助事業

市では、市民の安心安全の確保や市内の景観及び住環境の向上を図るため、老朽により危険 となった廃屋や自然災害によって、全壊、半壊又は一部損壊した家屋等の取り壊しや撤去に要 した費用に対し、次の補助要件等により補助金を交付します。

1.補助対象となる危険廃屋及び損壊家屋

(1)人の居住又はその他の利用に供していないこと。

(2)老朽化により壊れた部材が落下又は飛散若しくは騒音を発生するなど防災上周囲に危険を及ぼすおそれ

       があると認められるもの。

(3)台風又は地震等の自然災害によって、全壊、半壊又は一部損壊したもの。

2.補助対象者

廃屋及び家屋の所有者又は所有者から解体・撤去の委任を受けた者。

3.補助要件

(1)公共事業による移転等の補償対象になっていないこと。

(2)解体経費が10万円以上であること。

(3)解体後の土地は、適切に管理すること。

(4)解体撤去を行う業者は、市内に本店、事業所等を有する事業者であること。

(県に『解体工事業』の登録を行っている事業者又は特定の建設業の許可を受けた事業者でなければなりません。)

(5)自然災害等を原因とした解体は、罹災を受けた日から6か月以内に申請すること。

4.補助金額

解体・撤去に要する経費の3分の1とし、30万円を上限とする。

ただし、災害等により損害保険等が支払われた場合は、解体・撤去に要する経費から損害保険等の額を差し引いた額を補助対象経費とする。

詳しくは、南さつま市役所 総務企画部 総務課 自治防災係 にお問い合わせください。

 

南さつま市の空き家に関する制度

空き家バンク

空き家バンク

1 空き家バンクとは?

南さつま市における空き家の有効利用を通して本市への定住促進による地域の活性化を図るために実施する空き家情報登録制度のことです。

2 誰が利用できるの?

①空き家所有者(空き家を貸したい。また、売りたい方)

⇒空き家に係る所有権その他の権利を有し、売却、賃借を行うことが出来る者をいいます。
②利用希望者(空き家を借りたい。また、買いたい方)

⇒空き家に定住し、又定期的に滞在することにより、南さつま市の自然環境、生活文化等に対する理解を含め、地域住民と協働して生活できることが利用者の要件です。

制度のイメージ図

詳しくは、南さつま市役所 にお問い合わせください。

 

出典:南さつま市ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ