空き家に関する補助金:北陸・富山県・砺波市

砺波市の空き家に関する補助金制度

定住促進空き家利活用補助金

空き家を購入し改修する場合において、当該住宅で三世代同居を行う場合は、補助金額が加算されます。

【空き家を購入する方】

○空き家を購入し改修する場合 改修等経費の1/2 限度額50万円
○空き家を購入し三世代同居するために改修する場合 改修等経費の3/4 限度額100万円

空き家情報バンクを利用して購入した住宅を改修する者で、次の要件を満たすもの
①原則、市内業者による主要構造物の改修等
②当該住宅に住民登録し、10年以上居住する意思がある
③三世代同居の場合は、三世代全員が当該住宅に住民登録すること
④申請者及び対象住宅のいずれもが、過去にこの補助金の交付を受けていない
⑤市税等の滞納がない

【空き家を賃借する方】

○空き家を賃借する場合 家賃月額の1/2 限度額1万円 期間は2年間

空き家情報バンクを利用して賃貸するために住宅を改修する所有者等で、次の要件を満たすもの
①原則、市内業者による主要構造物の改修等
②宅建業者の仲介により、当該住宅を5年以上賃貸する意思がある
③申請者及び対象住宅のいずれもが、過去にこの補助金の交付を受けていない
④市税等の滞納がない

【空き家を提供する方】

○空き家を賃貸(提供)するために改修する場合 改修等経費の1/2 限度額20万円

空き家情報バンクを利用して賃貸するために住宅を改修する所有者等で、次の要件を満たすもの
①原則、市内業者による主要構造物の改修等
②宅建業者の仲介により、当該住宅を5年以上賃貸する意思がある
③申請者及び対象住宅のいずれもが、過去にこの補助金の交付を受けていない
④市税等の滞納がない

詳しくは、砺波市役所 企画調整課 砺波暮らし推進班 にお問い合わせください。

砺波市空き家再生等推進事業補助金

地域の活性化及び居住環境の整備改善に資するため、法人、団体等が実施する市内にある空き家の有効活用を図るための事業に要する経費に対し、予算の範囲内において補助金を交付します。

補助対象事業

地域の活性化及び居住環境の整備改善に資するため、市内の空き家を、交流施設、文化施設、体験施設等の用途に10年以上活用する事業

補助対象経費

次の各号の経費の合計額
(1)空き家の改修、移転、増築等に要する経費
(2)事業に必要な外構整備に要する経費
(3)事業効果を促進するためのソフト事業に要する経費(ただし、補助対象経費の合計額に占める割合が10パーセント以内であること)

補助率及び補助限度額

補助対象事業 事業実施主体 補助率及び補助限度額
地域の活性化及び居住環境の整備改善に資するため、市内の空き家を、交流施設、文化施設、体験施設等の用途に10年以上活用する事業  

地域(当該空き家がある地区自治振興会、自治会、町内会等の単位をいう。)の5人以上の住民が主体となって構成する法人又は認可地縁団体

 

伝統的家屋を活用し、「となみブランド」の消費拡大及び販売促進に資する先導的な事業の場合

補助率 補助対象経費の3分の2

補助限度額 1事業当たり1,000万円

 

上記以外の事業の場合

補助率 補助対象経費の2分の1

補助限度額 1事業当たり350万円

 

上記以外の法人、団体又は個人

 

補助率 補助対象経費の2分の1

補助限度額 1事業当たり100万円

 備考 1 事業実施主体の内、個人以外にあっては、定款、規約、会則等の定めによりその活動が行われているものあること。

    2 事業実施主体は、政治活動又は宗教活動を目的としたものでないこと。

    3 伝統的家屋とは、日本の伝統的な木造を主体とした和風住宅をいう。

    4 算出する補助金の額に千円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てるものとする。

詳しくは、砺波市役所 企画調整課 にお問い合わせください。

 

 

空き店舗再生みんなでチャレン ジ事業補助金

砺波市では、空き店舗を改修して日中に営業する店舗に対し、改修費及び創業者支援資金利子の補助を行う制度があります。

改修費に対する補助金額は、補助対象費の50%で200万円を上限とします。
空き店舗を使いたい方、使ってもらいたい方は、まずは砺波商工会議所にご相談ください。

~補助金交付対象となる空き店舗の条件拡大のお知らせ~
平成28年4月1日より、創業者が空き家情報バンクに登録されている物件を改修して店舗として使用する場合も、補助金の交付対象となりました。

■利子補給金額は、当該融資の償還で支払った利子の合計額に対して50%以内とします。
(ただし、当該融資元本の返済遅延に伴って生じた利子の増額分は対象としません)

北陸新幹線が開業しましたが、砺波市の公共交通の玄関口に位置する中心市街地は、後継者不足等により空き店舗が活用されない状況にあります。そこで、商店街の空き店舗の解消を図るとともに、商店街の活性化、起業家の育成及び市民の暮らしやすさの向上に資するため、補助制度を創設したものです。

空き店舗を再生して継続させるには、市だけでなく商業団体等の協力が不可欠であることから、申請に当たっては、申請者があらかじめ砺波商工会議所に相談して意見をもらってから、市に申請する枠組みとし、継続的な支援が受けられるよう配慮しています。

詳しくは、砺波市商工会議所 にお問い合わせください。

 

砺波市の空き家に関する制度

砺波市空家情報バンク

砺波市「空き家情報バンク」は、市内にある空き家等の物件情報を登録・公開し、物件の有効活用を図ることにより、散居景観の保全と市への定住促進による地域の活性化を促進するための制度です。

空き家等の所有者から申込みいただいた情報を、市のホームページ等を通じて物件の売買 や賃貸を希望する方に紹介いたします。

詳しくは、砺波市役所 企画調整課 にお問い合わせください。

 

出典:砺波市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ