空き家に関する補助金:北陸・富山県・射水市

射水市の空き家に関する補助金制度

射水市空き家対策支援事業

補助要件

1 市内にある住宅の空き家で、その状態が続くと倒壊につながるおそれがあり、周辺の生活環境の保全を図る観点から放置することが不適切である状態にあるものが対象です。

2 解体補助金の交付の対象は、次に掲げる要件をすべて満たす方です。

 (1)一戸建ての住宅(併用住宅の場合は、延べ床面積の過半数が専ら居住の用に供されているもの)であり、老朽危険空き家と認められるもの(附属建物を含む。)

 (2)申請者が所有者であり、対象となる老朽危険空き家の所有権が明確であること。

 (3)昭和56年5月31日以前に建築されたもの。

 (4)空き家となって6か月以上経過したもの。

 (5)申請者及び申請者と同一世帯に属する全ての者が、現在居住している市区町村の税を滞納していないこと。

 (6)射水市内の業者が解体工事を行うこと。

3 新築等補助金の交付の対象は、次に掲げる要件をすべて満たす方です。

 (1)解体補助金を利用して解体した後の跡地に新築等補助金の交付申請者本人が居住する住宅を新築又は増築するもの。

 (2)解体補助金の交付申請書に新築する旨の記載をし、かつ解体後1年以内に新築等補助金の申請を行い、その年度内に完成し、居住できるもの。

4 跡地購入補助金の交付の対象は、次に掲げる要件をすべて満たす方です。

 (1)解体補助金を利用して解体した跡地であること。

 (2)空き家解体後1年以内に跡地購入補助金の申請を行い、跡地を購入する。

 (3)申請者および申請者と同一世帯に属するすべての方が、現在居住している市区町村の税を滞納していない。

射水市内における老朽危険空き家の解体を促進し、解体後の住宅建築を支援するために、事業補助金を設けました。

補助金額

1 解体補助金の額は、解体工事に要する費用の2分の1とし、50万円を限度とします。

2 新築等補助金の額は、新築又は増築工事に要する費用の2分の1とし、60万円を限度とします。

3 跡地購入補助金の額は、跡地購入に要する費用の10分の1とし、30万円を限度とします。

詳しくは、射水市役所 都市整備部 建築住宅課 にお問い合わせください。

 

きららか射水移住支援事業補助金制度

射水市では、平成25年4月1日以降に、本市に自らが定住する目的で「射水市空き家情報バンクに登録されている空き家を購入する方に対し、その経費の一部を補助します。

★補助対象者

 県内のいずれの市町村の住民基本台帳にも記録されていない者又は県内に転入して6月を経過していない者で、以下のすべての要件を満たす方が対象となります。

(1) 県外に5年以上居住している者(県内に転入して6月を経過していない者の場合は、県内に転入する前に県外に5年以上居住していた者)

(2) 「射水市空き家情報バンク登録データベースに登録されている空き家を購入した者

(3) 射水市に住民登録を行い、今後5年以上定住する見込みのある者

★補助金の額

 射水市空き家情報バンク登録データベースに登録されている住宅の購入に要した費用の2分の1以内(上限30万円)

詳しくは、射水市役所 企画管理部 未来創造課 地方創生係 にお問い合わせ下さい。

射水市の空き家に関する制度

射水市空き家情報バンク

富山県射水市では、市内の空き家、空き地の有効活用を通して、市民と都市住民の交流拡大及び定住促進による地域の活性化を図るために、空き家情報バンクを開設しています。
この制度は、市内の空き家、空き地等の賃貸または売却を希望する所有者等からの申し込みにより登録した物件を、利用を希望する方にインターネットを通じて情報提供するものです。

この制度を利用し、富山県射水市への移住を考えて見ませんか。
本市では、空き家を活用し、本市での生活を体験する生活体験施設も準備しています。

詳しくは、射水市役所 企画管理部 未来創造課 地方創生係 にお問い合わせください。

 

出典:射水市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ