空き家に関する補助金:北陸・富山県・氷見市

氷見市の空き家に関する補助金制度

氷見市空き家優良物件化支援補助金

概要・内容

空き家の有効活用及び流通の促進を図ることを目的に、空き家のリノベーションや家財の整理・撤去など「優良物件化」を行っていただける方に、その費用の一部を補助いたします。

 交付対象要件

 対象となる空き家

(1)  本市の区域内において、居住者又は利用者がなく、賃貸用又は売却用として流通していない空き家

(2)  過去にこの要綱に基づく補助金の交付を受けていない空き家

(3)  補助金の交付対象となる工事等に現に着手していない空き家

対象となる方

(1)  賃貸として活用・流通しようとする空き家の所有者

(2)  空き家の所有者から借り受け、第三者に賃貸しようとする者(サブリースを行おうとする者)

※氷見市空き家情報バンクに登録していただきます。

※原則として10年間、補助目的に沿った利用又は活用を継続していただきます。

※市のホームページへの掲載等、市の広報において事例紹介することに協力していただきます。

※補助事業を当該年度で完了していただきます。

対象となる工事等

 (1)  リフォーム工事等

 (2)  家財の整理・撤去等

    ※家具、家電、インテリア雑貨の購入費及び外構工事等は補助対象外となります。

 補助金の額等

  対象となる工事等費用の2分の1以内とし、100万円を限度とします。(千円以下の端数切り捨て)

詳しくは、氷見市役所 市長政策・都市経営戦略部 商工・定住課 定住促進担当 にお問い合わせください。

 

 

氷見市県外転入者空き家改修支援事業補助金

 概要・内容

 富山県外から県内に移住して市内に居住する者又は今後富山県外から市内に移住する予定の者で自己が居住するために空き家の改修工事を行う者に補助金を交付します。

交付対象要件

 対象者要件

 富山県外から県内に移住して5年以内の者で市内に居住する者又は今後富山県外から市内に移住する予定の者であり、概ね5年以上当該空き家に居住することが見込まれる者。

 対象の空き家

  空家等対策の推進に関する特別措置法第2条第1項に規定する空家等のうち、その建築物が居住用に供されるものであって、次のアからキの全てを満たす、建築後概ね50年以上経過したものをいう。(共同住宅を除く)

  ア 軸組構法で造られていること。

  イ 接合金物に頼らない伝統的な継手・仕口を用いていること。

  ウ 筋交い等の斜材を多用せず貫を用いていること。

  エ 主要な壁に土塗り壁等の湿式工法を用いていること。

  オ 屋根に和瓦、茅葺き等伝統的素材を用いていること。

  カ 第8条に規定する補助金の交付の決定通知後、速やかに着工できること。

  キ 補助金の交付の決定通知があった日の属する年度内に改修工事を完了できること。ただし、市長が特に必要と認めるときは、この限りでない。

 

補助金の金額等

補助対象経費

  補助金の交付の対象となる経費は、改修工事に要する経費(消費税及び地方消費税を含む。)であって、その合計額が50万円以上である経費とする。ただし、次に掲げる費用を除く。

 (1)空き家と空き家以外の部分を併せて工事する場合における当該空き家以外の部分に係る改修に要する費用

 (2)床、壁及び天井のいずれにも固定されない物品等の購入又は設置に要する費用

 (3)外構に係る融雪設備、散策路、庭、花壇等の施工に要する費用

 (4)国、県又は本市の他の制度による住宅改修等の補助を受ける場合における当該補助の対象となる部分に係る工事に要する費用

 (5)その他市長が定める費用

補助金の額

  補助金の額は、補助対象経費に3分の2を乗じて得た額(当該額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額)とし、100万円を限度とします。

詳しくは、氷見市役所 市長政策・都市経営戦略部 商工・定住課 定住促進担当 にお問い合わせください。

 

氷見市定住促進家賃補助金交付制度

 制度趣旨

  市外から転入される方の居住を支援し、定住人口の増加を図るため、平成22年4月1日から平成32年3月31日までに、「氷見市空き家情報バンク」に登録されている空き家を借りて居住される方に補助金を交付します。

 交付対象要件

 ・対象者要件
市外から転入された方で、次のいずれにも該当する方が交付を受けることができます。
(1)「氷見市空き家情報バンク登録データベース」に登録されている空き家を
借り上げて居住し、家賃を支払われている方
(2)全ての世帯員が市税を滞納していない世帯に属している方

補助金の額等

 ・補助金の額
1月当りの家賃の1/2に相当する額(2万円を限度とします。)

 ・交付対象期間
最初に家賃の全額を支払った月から2年間(24月分)

詳しくは、氷見市役所 市長政策・都市経営戦略部 商工・定住課 定住促進担当 にお問い合わせください。

 

氷見市住宅リフォーム支援補助金

 概要・内容

 平成28年4月1日から平成32年3月31日までに、移住者で「氷見市空き家情報バンク」に登録された物件を購入し、その物件を居住のためリフォームをおこなった方に補助金を交付します。

 交付対象要件

 対象者要件

  移住者の方で以下の要件、すべてに該当する方

    (1) 移住後1年を経過していない方

  (2) 移住直前1年間、市内に居住していなかった方

  (3) 氷見市空き家情報バンク登録データベースに登録されている空き家を購入したもの

  (4) 氷見市に住民登録をおこない、今後3年以上定住する見込みのあるもの

 補助金の額等

  購入した住宅のリフォームに要した費用の2分の1以内とし、50万円を限度とします。(千円以下の端数切り捨て)

 補助金の返還

 補助金の交付を受けた者が、転入から3年以内に転出・転居したとき、又は世帯員が市税の滞納をしたとき

詳しくは、氷見市役所 市長政策・都市経営戦略部 商工・定住課 定住促進担当 にお問い合わせください。

 

氷見市の空き家に関する制度

空き家情報バンク

登録物件(空き家)をホームページ上で閲覧することができます。物件の詳細情報や下見をご希望の場合は利用者登録が必要です。

 

詳しくは、氷見市役所 市長政策・都市経営戦略部 商工・定住課 にお問い合わせください。

 

出典:氷見市ホームページより

 

  電話問い合せバナー 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ