空き家に関する補助金:北陸・富山県・氷見市

氷見市の空き家に関する補助金制度

氷見市定住促進家賃補助金交付制度

制度趣旨

  市外から転入される方の居住を支援し、定住人口の増加を図るため、平成22年4月1日から平成32年3月31日までに、「氷見市空き家情報バンク」に登録されている空き家を借りて居住される方に補助金を交付します。

 交付対象要件

 ・対象者要件
市外から転入された方で、次のいずれにも該当する方が交付を受けることができます。
(1)「氷見市空き家情報バンク登録データベース」に登録されている空き家を
借り上げて居住し、家賃を支払われている方
(2)全ての世帯員が市税を滞納していない世帯に属している方

 補助金の額等

 ・補助金の額
1月当りの家賃の1/2に相当する額(2万円を限度とします。)

 ・交付対象期間
最初に家賃の全額を支払った月から2年間(24月分)

詳しくは、氷見市役所 定住・IJUターン担当 にお問い合わせください。

 

氷見市住宅リフォーム支援補助金

概要・内容

 平成28年4月1日から平成32年3月31日までに、移住者で「氷見市空き家情報バンク」に登録された物件を購入し、その物件を居住のためリフォームをおこなった方に補助金を交付します。

 交付対象要件

● 対象者要件

  移住者の方で以下の要件、すべてに該当する方

    (1) 移住後1年を経過していない方

  (2) 移住直前1年間、市内に居住していなかった方

  (3) 氷見市空き家情報バンク登録データベースに登録されている空き家を購入したもの

  (4) 氷見市に住民登録をおこない、今後3年以上定住する見込みのあるもの

 

 補助金の額等

  購入した住宅のリフォームに要した費用の2分の1以内とし、50万円を限度とします。(千円以下の端数切り捨て)

 補助金の返還

 補助金の交付を受けた者が、転入から3年以内に転出・転居したとき、又は世帯員が市税の滞納をしたとき

詳しくは、氷見市役所 定住・IJUターン担当 にお問い合わせください。

 

氷見市定住マイホーム取得支援補助金

概要・内容

 平成28年4月1日から平成32年3月31日までに、市内に住む40歳未満の方または転入者で自己が居住するための住居を新築または購入した場合に補助金を交付します。

 交付対象要件

 ●対象者要件

1.市内居住の方

  ・ 40歳未満の方
・すべての世帯員が市税を滞納していない世帯に属する方

2.転入されたの方

  ・市内に転入した日以後1年を経過しないものであって、当該転入した日直前1年間に市内に居住して いなかった方
・すべての世帯員が市税を滞納していない世帯に属する方

 

 補助金の金額等

 補助金の金額・限度額

  補助金の額は、下記の表の通りとします。

市内居住の方

区分 新築又は新築取得 中古住宅取得
補助基本額 30万円
加算要件(該当の場合に基本補助額に加算する。)
子育て世帯又は新婚世帯である者 20万円
交付限度額 50万円

(新築又は取得費用の10分の1以内)

50万円

(取得費用の2分の1以内)

 

 転入された方

区分 新築又は新築取得 中古住宅取得
補助基本額 60万円
加算要件1(該当の場合に基本補助額に加算する。)
子育て世帯又は新婚世帯である者 20万円
加算要件2(次のいずれかに該当の場合補助基本額と加算要件1の合計額に加算する。)
申請者が20歳以上で30歳に満たない者

20万円

転入前より氷見市において就業している者
医療介護人材であるもの
交付限度額 100万円

(新築又は取得費用の10分の1以内)

100万円

(取得費用の2分の1以内)

  ※子育て世帯     中学生以下の世帯員が1人以上いる世帯

  ※新婚世帯      婚姻をした日から1年を経過していない夫婦がいる世帯

  ※医療・介護人材  新たに看護師または介護職として、市内の事業所に従事する者及び従事することが決まっている者

詳しくは、氷見市役所 定住・IJUターン担当 にお問い合わせください。

氷見市移住世帯生活応援金

概要・内容

 平成28年4月1日から平成32年3月31日までに、下記要件に掲げる者が氷見市に転入した場合、応援金を交付します。

 交付対象要件

 対象者要件

 1. 以下のいずれかに該当するものとします。

 (1) 子育て世帯(中学生以下の世帯員が1人以上いる世帯)に属する者
(2) 新婚世帯(婚姻した日から1年を経過していない夫婦がいる世帯)に属する者
(3) 年齢が20歳以上で30歳に満たない者
(4) 転入する以前より、氷見市内の企業に勤めるもの
(5) 新たに看護師または介護職として、市内の事業所に従事する者及び従事することが決まっている者

 2. 1の規定にかかわらず、次の各号に該当する場合は、対象外となります。

 (1) 転勤等で住民登録を行ったもの
(2) 福祉施設等への入所を目的として住民登録を行ったもの
(3) 勉学のために転出し、勉学の終了により再び住民登録をしたもの
(4) 転入前の市区町村税に滞納があるもの
(5) 過去にこの要綱による応援金の交付を受けているもの
(6) 生活保護費を受給しているもの
(7) 婚姻に伴う転入であり、夫婦の一方が現に氷見市民であるもの
(8) 地域おこし協力隊である者
(9) その他市長が不適当と認めたもの

 補助金の額等

  応援金の額は、一世帯あたり一律10万円とする。

詳しくは、氷見市役所 定住・IJUターン担当 にお問い合わせください。

 

氷見市住宅取得支援補助金交付制度

制度趣旨

  市内に住む若い方や市外から転入される方の住宅取得を支援し、定住人口の増加を図るため、平成22年4月1日から平成28年3月31日までに、市内に自ら居住するための住宅を取得し、又は自ら所有し居住している住宅の増改築を行われた方に補助金を交付します。

 交付対象要件

 ・対象者要件

  住宅の取得等を行った日から1年以内において、市内に居住し、全ての世帯員が市税を
滞納していない世帯に属し、次のいずれかに該当する方が交付を受けることができます。
(1)市内在住の40歳未満で結婚してから5年以内の方
(2)市外に転入直前1年以上住んでいて、転入してから1年以内の方

 ・住宅要件

  取得等をした住宅が、次のいずれかに該当する必要があります。

   (1)住宅を新築、購入(中古を含む)した場合

      ・住宅の所有権の持分が1/2以上

   (2)住宅を増改築した場合

      ・住宅の所有権の持分が1/2以上
・増改築した部分の床面積が、増改築後の建物全体の床面積の1/2以上
※ただし、併用住宅(建物の用途が2種類以上からなるもの)を取得した場合は、
上記の要件に加え、居住部分の床面積が建物全体の床面積の1/2以上の方

 ・住宅用地要件

  取得等をした住宅に係る住宅用地を所有する場合は、その持分が1/2以上必要です。

 

 補助金の額等

 ・補助金の額

   取得等した住宅に係る家屋分の固定資産税に相当する額
(ただし、対象となる住宅に係る住宅用地を所有している場合は、住宅用地に係る土地分の固定資産税に相当する額を加算した額)
※交付する補助金の合計額は50万円を限度とします。

 ・交付対象期間

   取得等した住宅に家屋の固定資産税が課税された年度から2年間

詳しくは、氷見市役所 定住・IJUターン担当 にお問い合わせください。

 

氷見市まちなか地区居住支援補助金交付制度

制度趣旨

  まちなかにおける居住を推進し、定住人口の増加及び住環境の改善を図るため、平成22年4月1日から平成32年3月31日までに、市が指定するまちなか地区において、居住している建物の敷地に隣接する土地を購入された方及びその土地を売却された方に補助金を交付します。

 交付対象要件

 ・対象者要件
全ての世帯員が市税を滞納していない世帯に属し、次のいずれかに該当する方が交付を
受けることができます。
(1)まちなか地区において、居住している建物の敷地に隣接する土地を購入された方
(2)前述の土地を売却された方

  ※まちなか地区とは、住居表示が実施されている市内の区域のうち、都市計画用途地域
が定められている区域をいう。

 補助金の額等

 ・補助金の額
(1)土地を購入された方には、対象となる土地1平方メートルにつき2,000円
として算出した額(20万円を限度とします。)
(2)土地を売却された方には、対象となる土地1平方メートルにつき1,000円
として算出した額(10万円を限度とします。)

詳しくは、氷見市役所 定住・IJUターン担当 にお問い合わせください。

 

氷見市の空き家に関する制度

空き家情報バンク

登録物件(空き家)をホームページ上で閲覧することができます。物件の詳細情報や下見をご希望の場合は利用者登録が必要です。

Akiyabank

詳しくは、氷見市役所 定住・IJUターン担当 にお問い合わせください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ