空き家に関する補助金:北海道・余市町

ニセコ町の空き家に関する補助金制度

空家住宅除却補助制度

制度概要

適正な維持管理がされていない空家は、強風、大雪などによる破損部分の飛散や部分的な倒壊のおそれがあり、地域住民に多大な不安を与えています 。

このようなことから、余市町では、生活環境の保全を図るため、住宅性能が著しく低下している空家住宅を除却する方に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。

補助対象となる住宅

本制度の対象となる住宅は以下の要件をすべて満たす住宅です。
◎専用住宅又は併用住宅(一戸建て又は長屋建て)であること。
◎概ね1年以上居住者がいない空家状態の住宅であること。
◎所有権以外の権利が設定されていない、又は設定されているすべての権利権者の同意書を、町長に提出できる住宅であること。
◎町による事前調査で、【不良住宅】と判定された住宅であること。
◎故意に破損させた住宅でないこと。
◎この制度以外の他の建築物の除却に関する補助を受けていない住宅であること。

補助対象となる方

本制度の対象となる方は以下の要件をすべて満たす方です。
◎補助の対象とする住宅の所有者(登記簿又は家屋課税台帳のいずれかに記載のある方。補助の対象とする住宅の所有者が
複数である場合はすべての所有者)所有者が死亡している場合は、相続人。
◎町税を滞納していない方。
◎「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に規定する暴力団員でない方。

補助対象となる工事

 本制度の対象となる工事は以下の要件をすべて満たす工事です。
◎町内に本支店を有する業者及び町内に住所を有する個人事業者で、次のいずれかに該当する者が施工する工事であること。
・建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律に基づく北海道知事の解体工事者登録をしている者。
・建設業法に基づき土木工事業、建築工事業又はとび・土工工事業の許可を受けている者。
◎空家住宅及びそれに属する門扉等の工作物を除却(解体・運搬・処分)し、更地とする工事であること。
◎区分所有建築物の場合は、同一敷地内で申請者が所有する部分のすべてを除却する工事であること。

補助金額

補助金額 補助対象工事費の2分の1(消費税相当額を除く。)  上限額 次に掲げる額のうちいずれか少ない額

  ◎50万円

  ◎延べ床面積1㎡当たり  9,600円  (木造の場合)

  ◎延べ床面積1㎡当たり 14,000円  (木造以外の場合)

※いずれも千円未満切り捨て

詳しくは、ニセコ町役場 まちづくり計画課 まちづくり住宅グループ にお問い合わせください。

ニセコ町の空き家に関する制度

しりべし空き家BANK

「しりべし空き家BANK」は、平成23年度から北海道後志総合振興局の社会実験事業によりスタートしました。(社会実験期間:平成25年3月まで)
現在は、後志管内の19市町村と、建築・不動産の専門家団体及び後志総合振興局が「しりべし空き家BANK協議会」をつくり、官民が連携して運営しています。

akiya.jpg

詳しくは、しりべし空き家BANK にお問い合わせください。

 

出典:余市町ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ