空き家に関する補助金:北海道・浦臼町

浦臼町の空き家に関する補助金制度

浦臼町定住促進住宅取得応援助成

住宅を取得された方を応援します。

  • 町内に新築住宅を取得された方・・・・・新築住宅取得応援助成金
  • 町内に中古住宅を取得された方・・・・・中古住宅取得応援助成金

対象者

  • 1. 平成28年7月1日以降に住宅請負契約又は売買契約締結した者
  • 2. 平成32年3月31日までに町から交付決定を受けた者
  • 3. 本町に10年以上定住することを誓約する者
  • 4. 申請者及び同居世帯員が、本町に住民登録を行うこと
  • 5. 世帯全員の市町村民税等の滞納がないこと
  • 6. 浦臼町暴力団排除条例(平成24年浦臼町条例第23号)に規定する暴力団員などでないこと
  • 7. 過去にこの条例に基づく助成金の交付を受けていないこと
  • 8. 2世帯以上が入居する住宅の場合、入居する世帯数にかかわらず1世帯とみなす

対象住宅

  • 1. 住宅 居室、台所、トイレ、浴室等がある延床面積が50平方メートル以上の一戸建て住宅
  • 2. 昭和56年6月以降に建築した住宅(中古住宅)
  • (昭和56年6月1日に導入された、建築基準法に基づく耐震基準に適合している住宅)
  • 3. 2親等以内の方が所有していた住宅は助成対象外(中古住宅)

助成額

  • 新築住宅取得応援助成金  150万円
  • 中古住宅取得応援助成金   50万円

  ※土地代を含めた購入額(消費税等を除く)が50万円未満の場合は、

   当該購入額が助成金の額(1,000未満切り捨て)

加算

  • 次のいずれかに該当する世帯に対し、25万円 + 商品券25万円分を加算します。
  • 若年夫婦 夫婦のどちらか、主に収入がある方が40歳未満(申請時)
  • 同一の世帯に属する中学校課程を修了する前までの子供を養育する世帯(申請時)

※ 「商品券」の使用期限は、発行日より6ヶ月間です。

詳しくは、浦臼町役場 総務課 企画統計係 にお問い合わせください。

 

浦臼町住宅リフォーム等補助金

浦臼町では住宅のリフォーム、耐震改修工事、住宅用太陽光発電システム設置工事、空き屋、老朽住宅の除去工事への補助金を交付し定住対策として実施しています。

補助対象者

住宅の所有者で町内に居住している者(又は、除却工事にあっては相続人)

リフォーム後、直ちに町内に居住する者

町税、水道料金、下水道料金等を滞納していない者

申請者の前年における世帯の総所得が550万円以下の者

補助条件

町内業者と契約し、行う工事であること

工事費(消費税を除く)が50万円以上であること。

固定資産税課税台帳に搭載されている家屋であること。(倒壊家屋の除却工事を除く)

同一の申請者、同一の住宅についての補助は、1回限りとする。

補助対象工事

住宅のリフォーム(築後10年を経過した住宅の増築・改築・改修工事)
※内装仕上げ材のみを取り替える工事、設備機器の設置のみの工事、介護保険法の住宅改修費の支給対象となるもの等を除く。

住宅耐震改修工事

空き家(附属建物を含む)、老朽住宅の除却工事 (建替えのための除却を除く。)

住宅用太陽光発電システム設置工事

補助額

工事費(消費税を除く)30%、限度額30万円(補助金の額は、1,000円未満を切り捨てる)

国又は道等から移転、建てかえその他の補償等の給付を受ける 場合は、当該工事の対象額を控除し、補助金の額を算出する。

詳しくは、浦臼町役場 総務課 企画統計係 にお問い合わせください。

 

出典:浦臼町ホームページより

 

 

 

浦臼町の空き家に関する制度

空き家・空き地バンクとは

  • 町内における空き家・空き地の有効活用を通して、定住人口増加のための誘導、推進を図り、町への定住人口や地域の活性化を促進するための制度です。

詳しくは、浦臼町役場 総務課 企画統計係 にお問い合わせください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ