空き家に関する補助金:北海道・大樹町

大樹町の空き家に関する補助金制度

マイホーム支援補助金

大樹町では、移住及び定住の促進と、誰もが住みよいうるおいのある住環境づくりを目的として、住宅等を新築し、又は購入しようとする者に対し、補助金を交付します。これからのお住まいについてお考えの方は、ぜひこの制度の活用をご検討下さい。

制度の概要

対象者

  次の各事項の要件を備えていること。
(1) 自ら所有し、居住する住宅等を新築し、又は購入する者であること。ただし、当該住宅等の登記が共有名義である場合にあっては、共有名義である者のうちの1者とする。
(2) 補助金受領年度の翌年度から10年以上継続して当該住宅等に居住することを誓約する者であること。
(3) 市区町村民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税(料)、後期高齢者医療保険料、介護保険料、水道料金、下水道使用料及びその他市区町村に対して納付義務のあるものに対して滞納がない者であること。ただし、住宅等を共有名義で取得しようとする場合にあっては、共有者も同一とする。
(4) 新築の住宅等の場合にあっては、補助金の交付申請前に工事に着手していない者であること。
(5) 過去に、この条例に基づく補助金の交付を受けていない者であること。
(6) 補助を受けようとする者及び補助を受けようとする者と現に同居し、又は同居しようとする者が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

対象住宅

  対象となる住宅は以下の住宅となります。
(1) 住宅(台所、便所、浴室及び居室等を有する住宅であって、延べ床面積が80平方メートル以上のもの)
(2) 併用住宅(延べ床面積の2分の1以上が住宅であるもの)
(3) 建売住宅(建築基準法第7条第5項の規定による検査済証の取得から1年未満の住宅で、宅地建物取引業法に基づく宅地建物取引免許業者が販売するもの)
(4) 中古住宅(昭和56年6月1日以降に建築に着手し、又は耐震改修証明書が発行される住宅であって、過去に居住の用に供されたことのある住宅及び併用住宅並びに検査済証の取得から1年以上を経過した建売住宅)
上記のほか、関係法令に明確な違反がないもので、次の各号のいずれにも該当しないものです。
(1) 3親等以内の親族から購入する住宅等
(2) 公共事業等に伴う住宅移転補償による住宅等
(3) 賃貸住宅
(4) 別荘等一時的に使用する住宅等
(5) 同居する者の売買契約による住宅等
(6) 法人とその法人役員の売買契約による住宅等

補助金額

   別表第1の補助額に、別表第2の加算額を加えた額です。ただし、中古住宅の購入の場合は、別表第1に定める補助額のみで、加算額はありません。
別表第1

 補助基準

補助額
 1  町内在住者による住宅、併用住宅の新築又は建売住宅の購入  100万円
 2  移住者による住宅、併用住宅の新築又は建売住宅の購入  150万円
 3  町内在住者による中古住宅の購入   80万円
 4  移住者による中古住宅の購入  100万円

別表第2

 加算基準

加算額
 1  町内建設業者※による建設の場合  50万円
 2  太陽光発電システムを導入する場合  10万円
 3  子育て世代が同居する場合
  中学校修了前の児童が1人の場合  30万円
  中学校修了前の児童が2人の場合  40万円
  中学校修了前の児童が3人以上の場合  50万円
 ※ 完了実績報告時までに住民登録が可能と見込まれる児童がいる場合は、

補助金の交付申請時に、その旨を記載していただきます。

※ 町内建設業者・・・町内に事業所がある住宅建設業者と、町内で住宅建設をおこなう個人事業主を言います。

詳しくは、大樹町役場 建設水道課 建築係 にお問い合わせください。

 

大樹町住宅リフォーム支援事業に係る補助金交付制度

大樹町では、住宅の長寿命化、省エネルギーの推進及び住環境の向上等によるリフォーム市場の拡大や、町内の住宅関連産業を中心とした地域経済の活性化を図ることを目的とし、住宅リフォームに関する補助金制度を実施しています。昨年度に引き続き、今年度も継続して実施していきますのでご利用ください。概要については、ページ下部の[要綱・パンフレット等]をご覧ください。

補助金の対象者

次の条件をすべて満たす方が対象となります。

  1. 大樹町内に住所を有する者(完了実績報告までに転入し、住所を有する予定を含む)。
  2. リフォームを行う住宅の所有者(共同所有の場合、いずれかの一人)であり、かつ、その住宅に現に居住していること(完了実績報告までに所有者となり、居住の予定を含む)。ただし、町内にある自らが所有しない家屋に、現に居住し、かつ、当該家屋の固定資産税を納付しており、固定資産課税台帳に登録されている所有者の相続人である者も含む。
  3. 町内建設業者によりリフォームを行う者。※「町内建設業者」とは、町内に本社、事業所を持つ法人及び町内の個人事業者をいう。
  4. 補助金交付決定前に工事に着手していない者。
  5. 補助金申請年度の3月10日までに、リフォームを完了できる見込みの者。
  6. 所有者が町税等を滞納していない者。
  7. 過去にこの要綱に基づく補助金の交付を受けていない者 。

補助金交付の対象工事

住宅の長寿命化、省エネルギーの推進及び住環境の向上等を目的とした性能向上のために行う修繕、模様替え等の改修工事のうち【別表第1】に定める工事。

※尚、今年度については太陽光発電システムの設置工事についても対象になります。

【別表第1】

長寿命化を目的としたもの 省エネルギーを目的としたもの 住環境の向上を目的としたもの その他
構造部改修工事※1外壁・屋根改修工事配管類交換工事換気設備設置工事 外部建具・ガラス交換工事内窓サッシ設置工事※2断熱改修工事LED照明器具設置工事高効率設備機器設置工事太陽熱回収設備設置工事 増築工事雪対策工事段差解消工事手摺設置工事建具取替工事内装改修工事トイレ改修工事台所・浴室改修工事暖房・給湯設備等改修工事  上記以外で性能向上、新エネルギーの導入等が図れる工事

※1:構造部とは基礎、土台、床組、柱、壁組、梁、小屋組、階段、間仕切、下地用合板等をいう。
※2:内窓サッシとは、住宅に設置している既存の窓の内側に新たに取り付ける樹脂製等による窓で、次世代省エネルギー基準(平成11年基準)の性能が備わっているものをいう。

補助金額

1.【リフォーム】補助対象経費の1/2に相当する額(当該額に1,000円未満の端数があるときはこれを切り捨てる。)とし、10万円を限度とする。

2.【内窓サッシ】下記の算定表に定める金額に施工箇所数を乗じて算出した金額とし、12万円を限度とする。

3.【太陽光発電システム】補助対象経費の1/2に相当する額(当該額に1,000円未満の端数があるときはこれを切り捨てる。)とし、10万円を限度とする。

※上記の1~3を複合する場合は、それぞれ算定した補助金の額を合算した額とする。また、算出された補助金の額は、大樹TMOカード会発行の商品券により交付するものとする。

  算定表

大きさの区分 窓  面  積 金額(1箇所につき) 摘  要
2.8m以上~ 18,000円 窓面積は、外枠寸法を測定して算出した面積とする。
1.6m以上2.8m未満 12,000円
0.2m以上1.6m未満 7,000円

内窓サッシの算定

詳しくは、大樹町役場 建設水道課 建築係 にお問い合わせください。

 

大樹町の空き家に関する制度

大樹町空き家情報

大樹町では、移住体験のための「大樹町お試し暮らし住宅」や空き家住宅の有効活用のための「大樹町空き家情報」を提供しています。

詳しくは、大樹町役場 企画商工課 企画係 にお問い合わせください。

 

出典:大樹町ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ