空き家に関する補助金:北海道・下川町

下川町の空き家に関する補助金制度

下川町快適住まいづくり促進事業

補助対象事業

1 住宅の新築又は新築の建売住宅の取得(以下「住宅の新築等」という)

2 中古住宅及び附帯する車庫、物置等の取得(以下「中古住宅の取得」という)

3 住宅及び附帯する車庫、物置等の解体・撤去(以下「住宅の解体」という)

4 住宅の増築、改築、修繕(以下「住宅の改修」という)

5 環境負荷の低減

補助要件

工事を伴う事業は、資格登録業者が施工することを要件としています。 資格登録業者とは、代表権を有する経営者が町民であり、町内に事務所及び事業所を置 き、補助対象事業の施工が可能な業者で、規則に定める資格登録を行っている業者のこと をいいます。

中古住宅の取得

1 事業内容: 中古住宅の取得

補助対象者:町民または町内に住所を有する法人

補助金額:住宅等の取得価格の5分の1以内(上限150万円)

住宅の解体

事業内容:住宅及び附帯する車庫、物置等の解体、撤去

補助対象者:所有者または所有者から委任を受けた者

補助金額:解体費の2分の1以内(上限50万円)

住宅の改修

1 事業内容:住宅の改修において、改修費用が100万円以上300万円未満の場合

補助対象者:町民

補助金額:前年の同居者全員の所得の合算額が300万円未満の場合40万円、300 万円以上の場合25万円

2 事業内容:住宅の改修において、改修費用が300万円以上500万円未満の場合

補助対象者:町民

補助金額:100万円

3 事業内容:住宅の改修において、改修費用が500万円以上の場合

補助対象者:町民

補助金額:150万円

4 事業内容:賃貸住宅の改修において、改修費用が100万円以上の場合

補助対象者:町民または町内に住所を有する法人

補助金額:1棟当たり25万円。地域材を1㎥以上使用した場合、地域材購入価格の 2分の1以内を加算(上限10万円)

詳しくは、下川町役場 環境未来都市推進課 にお問い合わせください。

 

下川町の空き家に関する制度

空き家バンク制度

町では、町内の空き家活用の促進を図るため、空き家情報を提供し、売りたい方(貸したい)と買いたい方(借りたい方)を結び付ける「空き家バンク」に登録する物件を募集します。

空き家の所有者で、売買又は賃貸を希望する方は空き家バンクへの登録をご検討ください。
登録を希望される方は、申請書に建物の登記事項証明書を添付して、町に提出していただき、町で調査後に登録の可否について判断します。
老朽化などにより居住が難しいと判断した場合は、登録をお断りすることもありますので、その際はご了承ください。
なお、空き家バンクの役割は、登録希望のあった空き家物件を集約し、その情報を提供するまでで、法律により売買・賃貸借の交渉及び契約には一切関わることはできません。
交渉や契約については、当事者間で行うか、仲介が必要な場合は不動産会社(宅地宅建取引業の免許取得業者)にご相談していただかなければなりません。

詳しくは、下川町役場 建設水道課 建設・水道グループ にお問い合わせください。

 

出典:下川町ホームページより

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ