空き家に関する補助金:北海道・標津町

標津町の空き家に関する補助金制度

住宅補助支援金

新たに住宅を取得される方

 町では、標津町の定住人口の確保と増加を図ることを目的として、平成26年4月1日から「住宅を取得される方」を対象とした支援事業を実施いたします。
申請に基づき住宅取得費の一部を「支援金」として補助する制度で、事業内容や該当要件は次のとおりです。
対象となる工事
(1)住宅を新築される方
80平米以上の住宅を新築される方
(2)中古住宅を購入される方
昭和56年以降に建設された中古住宅を購入される方
支援金の額
(1)住宅を新築される方

 建築工事費(消費税を含む)の10%相当額かつ200万円までで、一律加算金として新規移住者は50万円、町内業者施行は50万円を上乗せいたします。

最大支援額300万円 支援金は10万円単位です。

(2)中古住宅を購入される方

 固定資産税評価額の2倍の10%相当額かつ50万円まで、新規移住者には一律50万円を上乗せいたします。

最大支援額100万円 支援金は1万円単位です。

詳しくは、標津町役場 にお問い合わせください。

住宅をリフォームされる方

 町では、町内経済の活性化と町民の住民環境の向上を目指して、平成26年4月1日から住宅リフォーム工事に対する支援事業を行います。
申請に基づきリフォーム工事費の一部を「支援金」として補助する制度で、事業内容や該当要件は次のとおりです。
対象となる工事
自らが所有・居住する住宅を、町内業者で施工する次に掲げる工事をする者です。
(10年以上経過した住宅を工事費5万円以上でリフォームした場合が対象です。)

  1. 耐震性向上 昭和56年5月31日以前に竣工した住宅の耐震改修工事
  2. 省エネルギー性能向上 窓の改修工事、床・壁・天井の断熱改修工事
  3. バリアフリー性能向上 浴室改修工事、便所改修工事、段差解消工事
  4. 耐久性能向上 外壁・屋根等の塗装工事、張替工事等
  5. その他工事 内装材の交換・貼替工事、住宅設備機器の更新等
支援金の額

 リフォームに要した費用の20%相当額が50万円で上限となります。又、支援額の20%は標津町商工会の商品券で支給します。(支援金は1万円単位となります。)

最大支援額は現金40万円 商品券10万円となります。

詳しくは、標津町役場 にお問い合わせください。

 

標津町の空き家に関する制度

【標津町空き家・空き地バンクについて】

町では、標津町内の空き家・空き地の情報を収集し、標津町内に居住を希望している方や住宅の建築のために宅地を探している方に対して情報を提供することにより、移住・定住の促進と空き家・空き地の有効活用による地域活性化等を目的として、空き家・空き地情報登録制度「標津町空き家・空き地バンク」を実施しています。

詳しくは、標津町定住サポートセンター(標津町役場内) にお問い合わせください。

 

出典:標津町ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ