空き家に関する補助金:北海道・小平町

小平町の空き家に関する補助金制度

小平町空き家等解体撤去事業補助金

 

平成26年4月より、町内の景観及び町民の安全安心の確保を図るため空き家の解体及び撤去に係る費用の一部を補助する制度を設けました。

空き家の「解体・撤去」にお困りの方は、制度の活用をご検討ください。

○事業概要

(1)対象となる建物

 この補助事業の対象となる「空き家」とは町内にある居住していない住宅、もしくは、今後住む予定がなくなる住宅です。

(2)補助対象者

 ①空き家の所有者

 ②空き家の所有者から解体・撤去の委任を受けたもの

■いずれも町税等の滞納がない方に限ります。

(3)補助対象経費

 解体撤去業者による空き家の解体及び撤去に要した経費(消費税及び地方消費税の額を除き50万円以上のもの)で、家財道具の処分に係る経費は除きます。

(4)補助金の額

 町内業者を利用した場合は補助対象経費に100分の30を乗じて得た額、町外業者を利用した場合は補助対象経費に100分の20を乗じて得た額(上限60万円

詳しくは、小平町役場 企画振興課 企画振興係 にお問い合わせください。

 

 住宅新築等助成金

 この助成は、町内に自ら定住する目的で町内業者により「住宅を新築した方」・「持ち家を増改築工事した方」・「空き家を購入して改修した方」に対し助成をする制度です。
・かかった費用が500万円以上のものが対象(消費税を含まない)
・助成金の額は、費用(空き家の購入費含む)の20%以内で300万円が上限
詳しくは、小平町役場 生活環境課 管理係 にお問い合わせください。

小平町の空き家に関する制度

空き家等住宅情報

概要

 小平町内で「空き家」が目立ってきており、このまま放置しておくと景観を損ねる恐れがあるため、これらの空き家等の有効利用及び適正な管理を行っていくため、町では空き家住宅等の情報の窓口として、空き家住宅所有者と住宅取得希望者との橋渡しを行います。

空き家情報バンク制度

  1. 売買・賃貸希望のある住宅の場合(登録内容を公表します。)
    今後、所有者において使用が予定されない居住可能な住宅で「空き家情報」に登録することにより、町への移住希望者や住宅所得希望者に、登録内容に基づきその情報を公表します。
  2. 売買・賃貸希望がない住宅等の場合(登録内容は公表しません。)
    売買等の希望がない場合でも、所有者又は管理者が町内に居住しなくなった場合、自然災害等によりその建物が何らかの支障がきたした場合、町からその状況を連絡します。

詳しくは、小平町役場 企画振興課 企画振興係 にお問い合わせください。

 

出典:小平町ホームページより

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ