空き家に関する補助金:北海道・名寄市

名寄市の空き家に関する補助金制度

名寄市住宅改修等推進事業

対象

次のいずれかに該当し、市税などの滞納がないかたが対象となります。
  1. 名寄市に住民票があり、現在居住の改修住宅を所有するかた
  2. 名寄市内の住宅を購入し、改修した後に名寄市に転入し、居住するかた
  3. 名寄市空家バンクに登録されている住宅を購入し、改修した後に居住するかた
※共同住宅、賃貸住宅、法人や会社、宗教団体が所有する住宅は対象外となります。

補助金額

改修工事経費(消費税を除く) 補助金額
50万円以上100万円未満の場合 10万円
100万円以上の場合 20万円

対象工事

本事業に事前に登録されている事業者の工事で、次の工事が対象となります。詳しく内容については、「名寄市住宅改修等推進事業の手引き」をご覧ください。

  1. 住宅の増築及び改築工事
  2. 住宅の耐久性を高める工事
  3. 住宅の安全上、防災上必要な工事
  4. 住宅の居住性を良好にするための工事
  5. 住宅の衛生上必要な工事
ご注意ください
 ※新築工事、敷地整備、家具など持ち運び可能な物品購入、外講工事は対象となりません。
※平成29年3月31日までに支払いまで完了する工事となること
※交付決定前に工事をした場合は対象となりません。
※国・道・市その他公共団体から資金の貸付や補助を受けた住宅の工事は対象となりません。
※補助の対象となるのは同一住宅で1回のみとなります。
詳しくは、名寄市役所 経済部 営業戦略室 営業戦略課 にお問い合わせください。

 

名寄市の空き家に関する制度

名寄市空家バンク制度

 名寄市では、市内の空家や空地を有効活用することにより、管理不全の空家や空地の増加を防ぎ、生活環境の保全や火災予防・防犯等の安全対策、さらには市内への移住や定住促進に寄与することを目的に名寄市空家バンクを開設しました。
ここでは、空家・空地を売却や賃貸したい人(所有者)と、名寄市に移住や転居を目的として土地や建物の購入や賃借したい人とのマッチングを促進するため、空家や空地の情報を提供します。

空家や空地の情報の中から、ご希望の物件がありましたら、名寄市と協定を結んだ市内の宅地建物取引業者に問い合わせていただき、現地案内や売買・賃貸の交渉や契約の仲介を行います。

契約に至った場合、仲介を行った宅地建物取引業者には宅地建物取引業法で定められた報酬が別途必要となります。

名寄市空家バンクでの物件取扱の流れ

  • 空家バンクフロー図
 大まかな空家バンクの取扱の流れは、上記フロー図のとおりです。
市では、空家や空地の情報提供を行いますが、実際の売買や賃貸借契約には一切関与しません。個人同士の売買はトラブルの原因となりますので、名寄市と協定を結んだ宅地建物取引業者に仲介を依頼しましょう。
詳しくは、名寄市役所 市民部 環境生活課 にお問い合わせください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ