空き家に関する補助金:北海道・南富良野町

南富良野町の空き家に関する補助金制度

危険廃屋撤去解体助成事業

町内の危険廃屋の解体及び撤去に係る経費の一部を助成することにより、町内の景観及び住環境の向上並びに町民の安心安全の確保を図るとともに、町内産業の雇用創出及び活性化を目的としています

対象者

次のすべてに該当する方

・町内に危険廃屋を有する個人
・町内の解体撤去業者を利用して実施する方(解体撤去の許可を有すること)
・税金や公共料金の滞納していない方

助成要件

解体撤去費が30万円以上(ただし、次の経費は除かれます)

・危険廃屋に属する地下埋設等の撤去費
・公共事業により、移転、建替えその他補償の対象となっている建物の撤去費

助成金

建物の面積に応じて助成金が交付されます。(助成限度額もなくなりました))※千円未満切り捨て

ただし、算定される助成金額より、解体撤去費が低い場合は、解体撤去費が助成金額となります。

・住宅      1㎡あたり5,000円

  1. ・①以外の建物  1㎡あたり3,000円
  2. (例) 住宅を解体撤去する場合  住宅面積100㎡

   100㎡×5,000円=500,000円(助成金)

詳しくは、南富良野町役場 企画課 企画振興係 にお問い合わせください。

 

住宅リフォーム助成金事業

住民皆様の住環境の向上と町内産業の活性化を目的に、マイホームをリフォームする方に経費の一部を助成する制度がスタートしました

補助対象

・本町に住宅を有し、居住している方、または、居住を予定されている方

・町税など公共料金を滞納していない方

・建設業法第2条第3項の許可を有する町内に本社のある建設業者等を利用する方

・改修事業費が30万円以上要する方

・町マイホーム助成金を受給した方については、受給後10年を経過した方

 ※中古住宅を購入して、改修助成金を受給していない方は、住宅リフォーム助成金を利用することができます。

助成金額

・リフォーム経費の30%を助成。ただし、助成限度額50万円

対象リフォーム内容

改修工事の内容
1 住宅の耐久性を高めるための工事で、次の各号に掲げる工事とする。

(1) 基礎、土台、外壁、柱、ひさし、屋根、とい、床、内壁、天井等の修繕工事

(2) 塗装工事

(3) 建物のかさ上げ工事又は床を高くする工事

(4) その他耐久性を高めるために必要な工事

 

2 住宅の安全上又は防災上必要な工事で、次の各号に掲げる工事とする。

(1) 基礎若しくは土台の敷設工事又は補強工事

(2) 柱、はり等について有効な補強を行う工事

(3) 筋かい、火打等による補強工事

(4) 外壁を防火構造とする等防火性能を高める工事

(5) 屋根を不燃材料でふき替える等の工事

(6) 避難設備、防火設備及び換気設備の設備工事

(7) その他安全上又は防災上必要な工事(バリアフリー化工事を含む)

 

3 住宅の居住性を良好にするための工事又は住宅の衛生上必要な工事で、次の各号に掲げる工事とする。

(1) 間取りの変更等模様替えを行う工事

(2) 開口部等を設ける工事

(3) 台所、浴室又は便所を改良する工事

(4) 建具の取替え等の工事

(5) 壁紙の張り替え工事

(6) 断熱構造化工事及び遮音工事

(7) その他居住性を良好にするため、又は住宅の衛生上必要な工事

詳しくは、南富良野町役場 企画課 企画振興係 にお問い合わせください。

 

マイホーム助成事業

南富良野町にマイホームを新築、購入、増築する方に助成金を交付しています

対象者

次のいずれかを満たす方

・町内に居住している方
・今後町内に移住しようとする方

注意事項

・助成金の交付を受けた場合は、3年以上居住しないと助成金の返還が生じます

・過去に南富良野町のマイホーム助成金制度を利用された方は対象となりません

・町内に住宅を所有する方が、新築、購入する場合は、現在、所有する住宅を取り壊し、または、住宅以外に転用することが必要となります

住宅要件

次の要件を満たす住宅が助成対象です

・居間、寝室、台所、玄関、水洗トイレ、浴室などを有し、自己の居住の用に供すること

・床面積は66㎡以上

・鉄筋コンクリート製の布基礎

助成額

要件 助成金
新築 住宅を新築すること 新築費、購入費、建替費の10%以内(100万円限度)
※但し、30万円は南富良野町商工会商品券
購入 建築後、1年以内で居住の用に供していない住宅を購入すること
建替え 自己所有の住宅を有している方が、自己の居住の用に供するため住宅を建替え、または購入すること
増築 住宅の床面積を新たに16㎡以上建て増しすること 増築費、購入費の10%以内(30万円限度)
但し、10万円は商品券
中古住宅 自己の居住の用に供するため、住宅を第三者から購入すること
助成金の加算
助成金
移住者 町外から永住の意思をもって本町に転入し、住民登録等をされ、町内に3年以上継続して居住する見込みで、かつ生活の本拠を本町に置かれる方 商品券20万円
※義務教育修了前の被扶養者が同居する場合は、商品券40万円
上記の該当者で、義務教育終了前の被扶養者と同居する場合
改修費 中古住宅購入後の改修費の助成金 改修費の50%以内(50万円限度)
但し、15万円は商品券

詳しくは、南富良野町役場 企画課 企画振興係 にお問い合わせください。

 

南富良野町の空き家に関する制度

空き家バンク情報

南富良野町へ移住などを考えている方、転出により家を利用しなくなった方へ

移住希望されている方への空き家の情報提供や居住しなくなった住宅を貸したい、売りたい方が、登録し、空き家を有効活用する情報共有事業を行っています。

※本町が売買・賃貸の仲介は行いません。家賃等の交渉等は、本町は関与せず、所有者と直接実施していただきます

 

詳しくは、南富良野町役場 企画課 企画振興係 にお問い合わせください。

 

出典:南富良野町ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ