空き家に関する補助金:北海道・芦別市

芦別市の空き家に関する補助金制度

持ち家取得奨励事業

芦別市に定住するために住宅を新築または購入した方などに奨励金を交付します。

■ 目的  

  この制度は、芦別市にお住まいになるために住宅を新築または購入された方などに奨励金を交付することによって、市民の定住を促進し、地域のコミュニティや経済の活性化を図ることを目的としています。

■ 対象者

 奨励金の交付の対象となるのは次の方です。
自ら生活の本拠とするため住宅を取得した芦別市民の方(芦別市の住民票に登録されている方)で次の要件を満たしている方
(1) 市税を滞納していないこと
(2) 奨励金をはじめて受ける方

■ 対象住宅                            

  奨励金の交付を受けられるのは次の住宅です。
1 平成24年4月1日以降に住宅を取得するための契約(工事契約や売買契約)を結ばれた方
2 取得した住宅が、居室、厨房、便所等を有し、一つの世帯が独立して生活できる専用住宅または併用住宅であること。
3 新築の住宅(建替えまたは建売も対象となります。)。ただし、併用住宅の場合は建物の総面積の2分の1以上が居住部分であること。
4 中古住宅(専用住宅で、3親等以内の親族以外の方から購入した住宅であること。)

■ 奨励金の額

奨励金の額は次のとおりです。
1 新築の住宅(建替えまたは建売を含む。)市内建設業者が建設した住宅 1戸につき100万円

※市外の業者が建設した住宅は対象になりません。

2 中古住宅
土地及び建物の取得に要した費用の100分の10以内の額(1万円未満の端数
切り捨て)で、上限50万円

詳しくは、芦別市役所 総務部 企画政策課 まちづくり推進係 にお問い合わせください。

芦別市の空き家に関する制度

空き家・空き地情報バンク制度

市内にある空き家及び空き地の物件情報を当該所有者から申し出ていただき、市がその物件情報を登録・公開し、購入・賃貸希望者に紹介するものです。

◆登録できる方

① 現在居住していないもしくはその予定となる一戸建て住宅(併用住宅の場合は延 べ床面積の2分の1以上が居住部分であるもの)及びその敷地を市内に所有する個人(借地の場合は対象となりません)

② 住宅の建築に適当な面積を有する空き地(その予定となるものを含む)を市内に所有する個人

◆利用できる方

① 芦別市に定住するための物件をお探しの方
② 将来芦別市に移住するための物件をお探しの方
③ 芦別市に短期滞在型(シーズンステイ)の物件をお探しの方

詳しくは、芦別市役所 総務部 企画政策課 まちづくり推進係 にお問い合わせください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ