空き家に関する補助金:北海道・新十津川町

新十津川町の空き家に関する補助金制度

新築・中古住宅取得助成事業(定住促進制度)

新十津川町では、町内で新築住宅、または、中古住宅を取得した方に助成金を交付します。
また、この助成金に加え、子育て世帯を応援するため、中学生以下のお子さんがいる場合、町内のお店で使える「ふれあい商品券」を交付します。

事業期間

平成26年4月1日から平成32年3月31日まで
(平成26年4月1日以降の工事請負契約及び売買契約から適用)

助成金の額

住宅の種類
区 分
助成金額
新築住宅
転入者
町内業者施工
200万円
町外業者施工
170万円
町内者
町内業者施工
170万円
町外業者施工
150万円
中古住宅
町外から転入し取得
100万円
町内者が取得
 70万円

さらに!中学生以下のお子さん1人につき15万円分の「ふれあい商品券」を交付

  • 転入者は、転入前1年間以上町外の住民だった方で、転入後、3か月以内に助成金の申請が必要です。
  • 「ふれあい商品券」の使用期限は、発行日より6カ月間です。

助成の要件

  1. 永住を前提として本町の住民基本台帳に登録し、生活の根拠が登録した住所地にある方
  2. 租税公課を滞納していない方

新築住宅

  1. 平成26年4月1日以降に新築に係る工事請負契約・新築住宅の売買契約を締結した住宅
  2. 玄関、便所、台所、浴室、居室があり、延べ床面積が60平方メートル以上の住宅
  3. 平成31年12月31日までに表題登記を完了した住宅
  4. 住宅部分が上記の要件を満たす併用住宅も可 (店舗・事務所兼用住宅)

中古住宅

  1. 平成26年4月1日以降に売買契約を締結した住宅
  2. 玄関、便所、台所、浴室、居室があり、延べ床面積が60平方メートル以上の住宅
  3. 昭和56年6月以降に建築した住宅
    (昭和56年6月1日に導入された、建築基準法に基づく耐震基準に適合している住宅)
  4. 売買価格が300万円以上の住宅(敷地の購入費用を含む)
  5. 住宅部分が上記の要件を満たす併用住宅も可 (店舗・事務所兼用住宅)
  6. 配偶者や2親等以内の方が所有していた住宅は助成対象外

詳しくは、新十津川町役場 総務課 企画調整グループ にお問い合わせください。

 

 

新十津川町の空き家に関する制度

空き家・空き地・アパート情報バンク制度

新十津川町では、定住の促進と地域の活性化を図るために、町内にある空き家・空き地・アパートの物件情報を当該所有者から申し出ていただき、その情報を町のホームページ上に公開する「新十津川町空き家・空き地・アパート情報バンク」を平成26年4月から開設しました。

空き家・空き地・アパート情報バンクのしくみ

詳しくは、新十津川町役場 総務課 企画調整グループ にお問い合わせください。
出典:新十津川町ホームページより

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ