空き家に関する補助金:東北・福島県・猪苗代町

猪苗代町の空き家に関する補助金制度

猪苗代町定住促進事業補助金について

猪苗代町では、定住を促進し、人口の増加と地域の活性化を図るため、町内に転入して住宅を取得し居住する方を対象に補助を行います。

補助の対象となる方

転入世帯の世帯主で、次の条件を全て満たす方。
1 平成27年4月1日以降に転入し、転入日の前3年間において町内に住所を有していないこと。(※1)
2 転入後、5年以内に町内に対象住宅を取得し居住を開始すること。
3 取得に係る契約締結日における世帯主の年齢が満50歳未満であること。
4 本町に10年以上居住する意思があること。
5 1人以上の同居親族を有すること。
6 猪苗代町定住促進事業補助金を過去に受け取っていないこと。
7 本町及び従前の居住地において、世帯全員の市町村税に滞納がないこと。
※1 当該転入者が猪苗代町民間賃貸住宅家賃補助金交付要綱(平成27年猪苗代町告示第42号)第3条の交付対象者に該当する者である場合を除く。

対象住宅

次の条件を全て満たす住宅。
1 玄関、トイレ、台所及び居室を有し、利用上の独立性を有するものであること。
2 併用住宅の場合は、居住部分の面積割合が2分の1以上であること。
3 居住用床面積が50平方メートル以上あること。
4 不動産登記を行うことが可能であること。
5 三親等以内の親族から購入したものでないこと。

補助金

1 取得に要した費用の総額(土地の取得費及び設計費を含む。) × 1/10 = 補助金
2 新築住宅取得の場合 上限50万円
3 中古住宅取得の場合 上限30万円
4 1,000円未満の端数は切り捨て。
5 猪苗代町民間賃貸住宅家賃補助金の交付を受けた方は、その補助金を控除した額となります。

詳しくは、猪苗代町役場 商工観光課 商工観光係 にお問い合わせください。

 

猪苗代町の空き家に関する制度

猪苗代町ではじめよう田舎暮らし≪住まい情報≫

  猪苗代町では、地域の活性化のため定住促進・交流人口の拡大を図っています。

 住む人がいなくなり空き家状態になっている住宅の売買物件情報を町内へ移住・定住・二地域居住等を目的とした利用希望者に対して紹介いたします。

【注意事項】
1 掲載情報については、宅地建物取引業者から提供された情報を掲載しています。
詳細については、情報提供者であるそれぞれの宅地建物取引業者に直接お問い合わせください。
2 掲載物件の売買や賃貸契約の交渉に猪苗代町が関わることはありませんのでご了承願います。
3 掲載する情報については、できるだけ最新のものに更新するよう努めていますが、物件によっては、
すでに契約が成立している場合がありますので、その場合はご了承をお願いします。
4 掲載物件の売買や賃貸契約に際しては、所定の報酬等の諸費用が必要です。
5 空き家情報に掲載してある内容は、私的な権利関係を保証するものではなく、猪苗代町は私法上の
権利関係に関する責任は負いません。

詳しくは、猪苗代町役場 商工観光課 商工観光係 にお問い合わせください。

出典:猪苗代町ホームページより

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ