空き家に関する補助金:中国・鳥取県・北栄町

北栄町IJUターン空き家改修支援事業補助金

  補助条件

空き家の利活用のため、北栄町空き家情報バンクに当該空き家を登録していること。

空き家の購入・賃貸借契約後、1年以内に着工すること。

改修工事の施工業者は町内業者に限ること。

これまで補助金を受けていない空き家であること。(空き家1軒に対して1回を限度とする)

 

  補助対象者

•空き家の所有者・空き家の利用者のいずれか1名で、町税等の滞納がない者

   ※所有者については、空き家の利用者に空き家を5年以上使用させる者とする。

   ※利用者については、以下すべての項目に当てはまる者とする。

県内に住民登録していない者

改修工事完了後速やかに転入する見込みで、5年以上居住し、定住の意思がある者

空き家の所有者の3親等以内でない者

地域の一員として自覚し、生活する意思のある者

 

  補助額

補助対象事業(要綱別表)に要した経費の総額の2分の1

※上限100万円、1,000円未満切捨て

 詳しくは北栄町のホームページを参照してください。

北栄町空き家家財道具等処分費補助金

  補助条件

空き家の利活用のため、北栄町空き家情報バンクに当該空き家を登録していること。

 

  補助対象者

•空き家の所有者

 

  補助額

家財道具等の撤去・処分にかかった経費 (上限20万円、全額)

 詳しくは北栄町のホームページを参照してください。

北栄町移住促進家賃補助金

  補助条件

町内において民間の賃貸住宅に入居し、県外から転入していること。

転入後、永年又は3年以上の期間、町内に生活の本拠地を置くこと。

 ※次の住宅は対象外となります。

  •公営住宅

  •社宅・官舎・寮など、事業主から貸与を受けた住宅

  •申請者以外が締結した賃貸借契約に基づく住宅

  •申請者やその世帯員の親族が所有・居住する住宅(親族⇒民法第725条による親族)

  •北栄町空き家情報バンクに登録された住宅

  •その他、町長がこの補助金の目的に合致しないと認める住宅

 

  補助対象者

•世帯主(世帯において主として世帯の生計を維持している者)又は住宅の賃借に係る経費を主として負担していると町長が認める者

•その他、以下すべての項目に当てはまる者

  1. 平成27年3月1日以降に転入した者
  2. 町内に定住の意思がある者
  3. 県外転入者で、過去3年間、北栄町に住民登録していない者(※)
  4. 町税等の滞納がない者(※)
  5. 生活保護法第14条に規定する住宅扶助を受けていない者
  6. 暴力団等に該当しない者(※)
  7. この奨励金の交付をこれまで受けていない者

(※)生計を共にする世帯員を含みます

 

  補助額

計算方法:([家賃の月額]-[勤め先等の住宅手当])÷2

※上限2万円、100円未満切捨て

 詳しくは北栄町のホームページを参照してください。

北栄町移住奨励金

北栄町(ほくえいちょう)では、定住人口の増加により地域の活性化を図るため、本町以外に居住していた者が転入した場合について、予算の範囲内で北栄町移住奨励金を交付しています。

●補助対象者

奨励金の交付対象者は、この要綱の告示の日から平成22年3月31日までの間に本町へ転入した利用登録者、及び、この利用登録者に空き家を売却又は賃貸した空き家登録者とする。

●奨励金の種類

*町外に住む利用登録者が、空き家登録者から空き家を購入又は賃貸し、転入した場合
*空き家登録者が、町外に住む利用登録者に売却又は賃貸をした場合

●奨励金の額

*町外に住む利用登録者が、空き家登録者から空き家を購又は賃貸し、転入した場合2 0 0 ,0 0 0 円

*空き家登録者が、町外に住む利用登録者に売却又は賃貸をした場合2 0 0 ,0 0 0 円

*住宅1 戸当たり1度限りとする。

詳しくは北栄町のホームページを参照してください。

補助金 イメージ

補助金 イメージ

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ