倒壊恐れの空き家 別府市が行政代執行へ

大分放送ニュースによりますと、別府市内にある倒壊の恐れががある空き家を別府市が大分県内では初めて行政代執行の手続きを取って解体する方針を固めたようです。

以下記事抜粋

別府市内に倒壊の恐れがある空き家が放置されている問題で、市は公告期限までに建物が解体されなかったため、来年2月にも行政代執行に踏み切る方針を固めました。別府市南町にある木造2階建ての住宅は所有者が特定できず、市は 倒壊の恐れがあるとして立ち入り禁止の措置を取っています。

※イラストと本文は関係ありません。

家屋解体 イメージ

家屋解体 イメージ

 

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ