関東・東北豪雨:県道復旧、空き家が障害 強制撤去も視野

毎日新聞ニュースによりますと関東・東北豪雨で被害を受けた県道の復旧工事に空き家が障害となって、工事の障害になっているようです。

以下記事の抜粋

関東・東北豪雨で寸断された茨城県常総市三坂町の県道357号(谷和原筑西線)の復旧工事で、現場南側にある傾いた空き家が道路側に覆いかぶさり、工事の障害になっている。撤去しなければ作業は完了しないが、取り壊しについて同市と所有者は合意に至っていないという。解決すれば、復旧作業は予定より1カ月早い今月中にも終わる見込みで、同市は強制撤去できる「空き家対策特別措置法」の適用も視野に対応する。

※写真は本文とは関係ありません。

空き家

空き家

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ