増え続ける空き家(Home’s Press より)

Home’S Pressによりますと、平成25年度の総務省の調査で全国の空き家は820万戸(総住宅数6063万戸)、空き家率13.5%で、年々増加しているということです。空き家問題もわが身に降りかかって来るので、不動産の知識を身につけるよう呼びかけています。

以下記事抜粋

最近、よく空き家に関するニュースを耳にします。総務省の発表によると平成25年現在の空家数は820万戸(総住宅数6063万戸)、空き家率(総住宅数に占める割合)は13.5%と年々増え続けています。
そして今年5月には空き家対策特別措置法が完全施行され、2015年は「空き家対策元年」と言われています。
空き家が増え続けると、老朽化による倒壊、ごみの不法投棄など様々な危険が懸念されます。

不動産は居住用のものしかないから、自分には空き家なんて関係ないと思っていませんか?他人事ではありません。親が高齢になり介護施設に入ったりすると、それまでご両親が住んでいた家が空き家になってしまいます。
そうなってくると、空き家問題がわが身に降りかかってきます。

※イラストと本文は関係ありません。

空き家イメージ

空き家イメージ

【空き家みまわり隊・三重】
お問合せ☎059-351-7330

【空き家みまわり隊】提供地域:三重,四日市市,いなべ市,桑名市,鈴鹿市,亀山市,津市,松阪市,菰野町,朝日町,川越町,木曽岬町,東員町。
上記以外の三重県内の地区の空き家は、ご相談ください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ