増え続ける日本の空き家問題、他人事ではなくなりそうです

保険ジャーナルでは、空き家の対策を損害保険の面からと生命保険の面から解説しています。

記事抜粋

近年日本では少子化などを背景に空き家が増え続けており、平成25年住宅・土地統計調査 特別集計によれば、全国の空き家の総数は820万戸、総戸数に占める割合は13.5%だそうです。820万戸のうち318万戸が「長期間にわたって住民不在の住宅」や「建て替えのために取り壊すことになっている住宅」であり、この中には老巧化して近隣住民のリスクとなり得る建物が相当数含まれていると考えられます。

※写真と本文は関係ありません。

空き家イメージ

空き家イメージ

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ