<人骨>空き家の袋に、所有者ら発見 兵庫・神河

gooニュースによりますと、兵庫県神河町寺前の空き家の庭で、人骨らしきものが入った袋が見つかったということです。

所有者の息子さんが発見されたようで、3年ぶりに庭の草掃除におとずれて発見したようです。

不法投棄でも犯罪性があるものは怖いですね。日頃から、空き家に侵入されないよう、また不法投棄されないように管理するのが大事ですね。

弊社では、最低でも月1回以上の空き家管理を推奨しています。

以下記事抜粋

25日午後3時35分ごろ、兵庫県神河町寺前の空き家の庭で、この家の所有者の息子(45)=同県姫路市=と友人が、人骨のようなものが入った袋を二つ発見し、110番した。県警福崎署は遺体損壊など事件の可能性もあるとみて調べている。

同署によると、袋の中には手足の一部や下あごなどの骨が小分けにされて入っており、地面に置かれていた。一つはビニール袋だった。

息子は約3年ぶりに庭の草掃除のために訪れたという。空き家は木造平屋建てで庭は塀に囲まれており、約30年前まで所有者の男性が住んでいた。男性の所在は確認できていないという。

現場はJR寺前駅西約100メートル。周囲には人家や商店などがある。【川畑展之】

※写真(イラスト)と本文は関係ありません。

空き家イメージ

空き家イメージ

【空き家みまわり隊・三重】
お問合せ☎059-351-7330

【空き家みまわり隊】提供地域:三重,四日市市,いなべ市,桑名市,鈴鹿市,亀山市,津市,松阪市,菰野町,朝日町,川越町,木曽岬町,東員町。
上記以外の三重県内の地区の空き家は、ご相談ください。

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ