三崎の空き家再生活用ツアー

BIGLOBEニュースによりますと、関東学院大学が、11月22日に人口減少が進む、神奈川県三浦市で、神奈川県 平成27年度地方創生大学連携事業(横須賀三浦地域版)として、どんな空き家があるの?どうやって活用するの?「三崎の空き家再生活用ツアー」を開催するということです。

記事抜粋

関東学院大学(本部:横浜市金沢区/学長:規矩大義)は、空き家を所有し、活用方法を検討している方や再生活用などを計画している方などを対象に、神奈川県の地方創生大学連携事業(横須賀三浦地域版)の一環として、空き家物件や再生活用事例を見学する「三崎の空き家再生活用ツアー」を、三浦市三崎地区で11月22日(日)に開催する。

三浦半島の先端に位置する三浦市の人口は、今年9月には45,154人と、ピーク時の94年11月と比較して2割近く減少している。昨年、日本創生会議から発表されたレポートでは、2040年までに消滅する可能性のある自治体(全国で896市町村)として例示されるなど、深刻な状況を抱えている。人口減少にともない、空き家問題も大きな課題として注目されている。

今回のツアーは、これらの課題解決に向けた方策を検討することなどを目的に、移住・定住に向けた政策を進める三浦市と連携した取り組みとして開催する。関東学院大学の教員や学生が参加者をアテンドしながら、空き家物件や再生活用事例を案内。また、見学のみならず空き家活用に対する方策を、参加者とも意見交換しながら探っていく。

※写真と本文は、関係ありません。

空き家 イメージ

空き家 イメージ

« »

空き家みまわり隊トップへ戻る 自分でやろう空き家管理へ