空き家の活用・売却

空き家活用・売却するためには、空き家の中を片づけて物のない状態にする必要があります。

弊社の活用方法は、所有者に負担を掛けずに、できる限りリフォームをせずに安価で流通させることをモットーにして

います。

1.空き家を家財道具などが置いてある状態で、シェアハウスとして活用

空き家の活用・売却空き家の1~2部屋を空けて、家財道具や私物が置いてある状態(利用できる部屋以外の部屋)で、居住する。

家賃は低価格。その代り月に3時間程度、所有者の私物の分別作業を手伝い、ゴミは居住者が排出する。家財道具

なども処分せずに利用する方法もあります。

詳しくは、「空き家を私物が置いてある状態でシェアハウスとして活用」 ページをご覧ください。

関連ページ

2.空き家をシェアハウスとして活用する(私物整理後)

空き家内の家財道具などが処分できましたら(空き家内の整理については「空き家の整理」を参照)、空き家を活

用する方法の一つとして「シェアハウス」があります。

シェアハウスは、1軒の家に複数の人間(1部屋に1人が原則)が、居住する形態で1軒ごと賃貸することにより出

入りはありますが、毎月の家賃収入が途絶えることはありません。

詳しくは、「シェアハウスとしての活用」ページをご覧ください。

 

3.空き家を賃貸物件として活用する(私物整理後)

空き家内の家財道具などが処分できましたら(空き家内の整理については「空き家の整理」を参照)、空き家を活

用する方法の一つとして「賃貸物件としての活用」があります。

賃貸物件としての活用は、1家族が住んだりデイサービスの施設として活用したりする方法があります。契約が決

まりますと毎月の家賃収入は安定しますが、居住者が転居などした場合は、次の人が入渠するまでは家賃収入が無

くなります。

詳しくは、「賃貸物件としての活用」ページをご覧ください。

 

4.空き家を民泊物件として活用する(私物整理後)

空き家内の家財道具などが処分できましたら(空き家内の整理については「空き家の整理」を参照)、空き家を活

用する方法の一つとして「民泊物件としての活用」があります。

民泊物件としての活用は、旅館業法における旅館業の許可を受ける必要があります。観光地や宿泊ニーズがあるか

どうかも判断基準の一つになります。

宿泊ニーズがある場合は、収益性は高いですが、寝具のクリーニングなどの費用や管理費が発生しますので、収益

性を充分考えて判断する必要があります。

詳しくは、「民泊物件としての活用」ページをご覧ください。

 

5.空き家を売却する(私物整理後)

空き家内の家財道具などが処分できましたら(空き家内の整理については「空き家の整理」を参照)、空き家を活

用する方法の一つとして「空き家を売却する」方法があります。

空き家の売却を考える前に、売却した場合の税金などをシュミレーションする必要があります。

詳しくは、「空き家の売却」ページをご覧ください。

詳しくは、下記よりお問い合わせください。